ニュース

2017.12.7

ヨーロッパリーグ・ラウンド32へ進出

ヨーロッパリーグ・ラウンド32へ進出

ボルシア・ドルトムントも参加するUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド32の組み合わせ抽選会が月曜日にニヨンのUEFA本部で行われる。

 

BVBはUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージを3位で終え、UEFAカップ時代の1999-2000、2001-02シーズンに続いて3度目のヨーロッパリーグ挑戦が決まった。2000年にはラウンド16(ガラタサライASに敗北)、その2年後にはロッテルダムでの決勝(フェイエノールトに敗北)まで勝ち進んでいる。

 

BVBはチャンピオンズリーグ・グループステージ3位の成績上位4チームに入れなかったため、ヨーロッパリーグ・グループステージを首位で通過した12チーム、あるいはチャンピオンズリーグ・グループステージ3位の成績上位4チームの1つと対戦する予定。ただしこのラウンドでは同国勢対決が組まれないよう考慮されるため、RBライプツィヒ以外のチームと戦うことになる。ラウンド32はホームでの第1戦が2018年2月15日に、アウェーでの第2戦が同2月22日に行われる。

 

対戦の可能性があるチーム(7日現在):
CSKAモスクワ
アトレティコ・マドリー
スポルティングCP
ビジャレアルCF
アーセナルFC
FCザルツブルク
SSラツィオ
FCディナモ・キエフ/パルチザン・ベオグラード
SCブラガ/ルドゴレツ・ラズグラト
アタランタBC/オリンピック・リヨン
FCシェリフ/ロコモティフ・モスクワ/FCコペンハーゲン
ステアウア・ブカレスト/ビクトリア・プルゼニュ
エステルスンドFK/アスレティック・クラブ
FCゼニト/レアル・ソシエダ

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
U-19、マドリーに敗れてユースリーグ敗退
オーバメヤンの2発も実らず敗北

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>