ニュース

2017.12.19

マーケティング会社ラガルデールとの契約を延長

マーケティング会社ラガルデールとの契約を延長

ドイツ・ブンデスリーガで8度の優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、クラブと長らくパートナー関係にあるマーケティング会社「ラガルデール・スポーツ」と新たに長期契約を結び、2026年6月30日まで延長した。

 

「我々はボルシア・ドルトムントの利益のために、信頼できる有能かつ力強いパートナーと引き続き長期にわたって協力関係を続けていける素晴らしい解決策を見つけられたことに、とても喜んでいる」。BVBのハンス・ヨアヒム・バツケCEOは、今回の契約延長についてそう説明し、次のように続けた。「クラブの収入はあらゆる部門で年々増加しており、スポンサー収入は、まもなくクラブ史上初めて100万ユーロ(約1億3000万円)の大台を突破する見込みとなっている」

 

「ラガルデール・スポーツは引き続きドイツ国内および海外の市場において、ボルシア・ドルトムントの広告、メディア、ホスピタリティーの各権利を管理することになるが、2020年7月からはこれがBVBにとって非常に好条件なものになる。同社は放映権一括管理の分配収益に関与しないことになるからだ」と話したのは、BVBのトーマス・トレースCFO(最高財務責任者)。この点からも、同社との協力関係を延長することがクラブにとって重要だったことを明かした。

 

さらにBVBの営業およびマーケティング担当のカルステン・クラマーが強調したのは、「ラガルデール・スポーツのグローバルな流通機構」の重要性だ。「今後も国際化を進めていくボルシア・ドルトムントにとって、これは強みとなる。特にアジア、そしてアメリカの市場については、この先まだまだ成長できるポテンシャルがあると我々は見ている」

 

【関連記事】
全方面で成功
年次総会の明確なメッセージ – 再起せよ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「ユースのサッカーをアピール」

2018.6.18

「ユースのサッカーをアピール」

「選手たちは自分たちの力を信じ続けていた。今日はユースのサッカーをアピールできたね」。ボルシア・ドルトムントU-17を 続きを読む>>

U-17、終盤に勝ち越し7度目の戴冠

2018.6.18

U-17、終盤に勝ち越し7度目の戴冠

ボルシア・ドルトムントU-17がドイツBジュニア選手権決勝で王者FCバイエルン・ミュンヘンに3-2(前半1-1)と競り勝ち、1984、1993、1996、1998、2014、 続きを読む>>

U-17ゲッパート監督:「アウェーでの決勝はアドバンテージにもなり得る」

2018.6.15

U-17ゲッパート監督:「アウェーでの決勝はアドバンテージにもなり得る」

ボルシア・ドルトムントのU-17チームは、日曜日のドイツBジュニア選手権決勝でFCバイエル・ミュンヘンとアウェーで戦う(日本時間17日20時キックオフ)。今シーズンは共に浮き 続きを読む>>