ニュース

2020.7.31

マルコ・ロイスの回復に遅れ

マルコ・ロイスの回復に遅れ

ボルシア・ドルトムントはもうしばらくマルコ・ロイス不在のまま活動を続けることになる。クラブのキャプテンは負傷中の内転筋の腱の炎症が確認され、まだ合流の時期は不明となっている。

 

ロイスはここ数カ月間リハビリに取り組んでいるがまだ動きの一部に問題を抱えており、慎重な治療を行っている。

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2020.8.9

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2015年7月6日、ボルシア・ドルトムントが東京に降り立った。羽田空港では約1000人のファンがチームを熱烈に出迎え、選手たちもサインや写真撮影などのファンサービスに応じた。 続きを読む>>

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

2020.8.9

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

新戦力DFトーマス・ムニエは早くも練習でその高い集中力とエネルギッシュなチェイス、正確なタックルを見せている。ピッチ上の自らを働き者と形容す 続きを読む>>

トビアス・ラシュル:大舞台へ

2020.8.8

トビアス・ラシュル:大舞台へ

黒黄軍団の2019/20シーズン最初のゴールを決めた11か月後、トビアス・ラシュルは波乱に満ちたシーズン最後の交代選手としてピッチに立った。 続きを読む>>