ニュース

2013.3.7

ボルシア・ドルトムントの歴史が、東京都内に現る

ボルシア・ドルトムントの歴史が、東京都内に現る

ボルシア・ドルトムントの選手全員によってサインされた2010ー11シーズンと2011ー12シーズンのユニフォームが、東京都内の六本木にある「Bernd’s Bar」に贈呈された。

 

香川真司の活躍によって、日本において存在感を増したドルトムント。その人気は未だ衰えことはない。東京都内でドルトムントの歴史の一部分を見たい方は、ドイツ人のドルトムントサポーターによって経営されている伝説的なパブである「Bernd’s Bar」へ訪れて欲しい。贈呈されたユニフォームをそこで見つけることができる。

 

ドルトムントのパートナーである、エボニック社の東京支社代表を務めるウルリッヒ・ジーラー氏によって、このユニフォームは贈呈された。

 

「Bernd’s Bar」ならびに、ボルシア・ドルトムントは多くの方々が訪れることを願っています。

 

【Bernd’s Bar】
住所:〒106-0032 東京都港区六本木5-18-1
電話番号:03-5563-9232
アクセス:東京メトロ南北線六本木一丁目駅2番口 徒歩5分
定休日:日曜日

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

期待を抱かせる後半と2人の若手

2018.1.21

期待を抱かせる後半と2人の若手

ボルシア・ドルトムントは2018年に入ってからまだ波に乗れていない。ベルリンで試合終了のホイッスルが鳴り響いたあと、監督も選手たちも一様に、ブンデスリーガ再開からの2試合連続 続きを読む>>

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

2018.1.20

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

「何かがあと少し足りない。特にペナルティーエリア内でね」。ヘルタBSC戦後にBVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、 続きを読む>>

「後半は内容がだいぶ改善された」

2018.1.20

「後半は内容がだいぶ改善された」

ベルリンでのヘルタ戦を 続きを読む>>