ニュース

2013.3.7

ボルシア・ドルトムントの歴史が、東京都内に現る

ボルシア・ドルトムントの歴史が、東京都内に現る

ボルシア・ドルトムントの選手全員によってサインされた2010ー11シーズンと2011ー12シーズンのユニフォームが、東京都内の六本木にある「Bernd’s Bar」に贈呈された。

 

香川真司の活躍によって、日本において存在感を増したドルトムント。その人気は未だ衰えことはない。東京都内でドルトムントの歴史の一部分を見たい方は、ドイツ人のドルトムントサポーターによって経営されている伝説的なパブである「Bernd’s Bar」へ訪れて欲しい。贈呈されたユニフォームをそこで見つけることができる。

 

ドルトムントのパートナーである、エボニック社の東京支社代表を務めるウルリッヒ・ジーラー氏によって、このユニフォームは贈呈された。

 

「Bernd’s Bar」ならびに、ボルシア・ドルトムントは多くの方々が訪れることを願っています。

 

【Bernd’s Bar】
住所:〒106-0032 東京都港区六本木5-18-1
電話番号:03-5563-9232
アクセス:東京メトロ南北線六本木一丁目駅2番口 徒歩5分
定休日:日曜日

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

なおも残る課題を自覚

2017.9.24

なおも残る課題を自覚

3戦3勝、14得点1失点。依然として首位をキープし、後続との勝ち点差も拡大。ボルシア・ドルトムントにとっては、これ以上を望むことができない充実した1週間だった。先発を5人入れ 続きを読む>>

バイグル:「言葉にできない気分」

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。 続きを読む>>

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

2017.9.24

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

圧勝後とあって、喜びの雰囲気に包まれたBVB陣営。「失点して何度かカウンターを食らうまでは本当に良かった」とマリオ・ゲッツェは振り返った。ボルシア・メンヘングラッドバッハ戦後 続きを読む>>