ニュース

2017.9.8

ボス監督が新加入選手を語る

ボス監督が新加入選手を語る

夏の移籍市場終了間際、ボルシア・ドルトムントでは数人の選手の出入りがあった。2人がクラブを離れた一方、3人が新たに加入。そのうち2人は9日のSCフライブルクとのアウェー戦で早くもメンバーに入る可能性がある。

 

今、最も注目を浴びているのは、7日からBVBで練習を始めたウクライナ代表のウインガー、アンドリー・ヤルモレンコだ。ただ代表戦に出場したばかりなので、ランニングのみの参加となった。「2日前に試合に出ていたから、全体練習には参加させなかった」とペーター・ボス監督は説明。「それでも第一印象はつかまなければならなかった」

 

ヤルモレンコがフライブルク遠征に帯同するかどうかは、8日に行われる試合前最後の練習を見てからとなる。

 

「彼の名前は3年以上前からクラブ内で上がっていたらしい。だからここではまったく無名の選手というわけではないんだ。どちらのサイドでもプレー可能であり、(前所属先の)ディナモ・キエフだけでなく、代表チームでもそのクオリティーの高さを見せてきた」とボス監督は話す。「彼もチームに欠かせない選手になってほしいね」

 

ジェレミー・トリアンもすぐにチームの主力となる可能性があるが、ジェイドン・サンチョは辛抱強く機会を待つ必要があるだろう。まだ17歳のため、FIFAの特別規定の適用対象だという理由もある。「マンチェスター・シティーでは長らく練習に参加できていなかった」とボス監督は明かす。「だからまずはスタミナをつけさせなければらない。まだ非常に若いが、とてつもない才能を秘めている」。これに対し、プレシーズンをTSGホッフェンハイムで過ごし、シーズン開幕も同クラブで迎えたトリアンがすべきことは、「我々のプレースタイルに慣れる」ことだけだ。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
シュメルツァー復帰もバイグルは間に合わず
「全選手がしっかり集中しなければ!」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ボルシアMG戦の予想スタメン

2017.9.23

ボルシアMG戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは土曜夜のブンデスリーガ第6節でホームにVfLボルシア・メンヘングラットバッハを迎える(日本時間24日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバー 続きを読む>>

3日に1試合のペース続く

2017.9.22

3日に1試合のペース続く

ボルシア・ドルトムントは23日にブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヘングラットバッハをホームに迎えるが、ペーター・ボス監督はまだチーム状況についてコメントしていない。「昨日 続きを読む>>

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>