ニュース

2017.9.25

ホームではマドリーに負けなし

ホームではマドリーに負けなし

レアル・マドリーとのホームゲームで初戦から6試合負けなかった欧州のクラブは、ミラノの2クラブとバイエルン・ミュンヘン、そしてボルシア・ドルトムントの4つしかない! BVBがマドリーをホームに迎えた試合の対戦成績は3勝3分けとなっている。

 

過去の対戦

 

 

昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージで対戦した際は、2試合とも2-2のドローに終わった。ドルトムントではマドリーが2度にわたってリードを奪ったものの、BVBがピエール=エメリク・オーバメヤンとアンドレ・シュールレ(87分)のゴールでその度に追いつき、価値点1をもぎ取ったマドリードでのリターンマッチはカリム・ベンゼマの2ゴール(28、53分)で2点を先行されたものの、60分にオーバメヤン、88分にマルコ・ロイスが決めて引き分けに持ち込んだ。

 

両クラブは2002-03シーズンのグループステージでも同組になったが、この試合に出場していた選手で今もチームに残っているのはロマン・バイデンフェラーのみ。サンティアゴ・ベルナベウではマドリーが2-1と競り勝ったものの、ドルトムントでは1-1のドローに終わった。現在マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、このときの2試合に出場。バイデンフェラーはマドリーとの直近の対戦、2-2で引き分けた2016年12月の試合にも出ている。

 

BVBのデータ

 

 

昨シーズン、最初にマドリーと2-2で引き分けるまで、マドリーにはホームで4連勝を収めていた。ホームでの対スペイン勢の戦績は7勝4分け2敗と悪くない。

 

BVBがグループステージに挑戦するのは通算12回目。ここ7年で6回目となる。直近の4回はすべて決勝トーナメント進出を決めている。

 

昨シーズン、ASモナコに敗れるまで、BVBは欧州カップ戦のホームゲームで7試合無敗を維持していた(5勝2分け)。

 

レアル・マドリーのデータ

 

 

マドリーはドイツでの直近の試合で勝利。昨シーズンの準々決勝でバイエルンにミュンヘンで2-1と競り勝っている。ドイツ遠征での通算成績は5勝7分け19敗。5勝のうち4勝は、ここ7試合で挙げたもの。

 

チャンピオンズリーグに出場した過去21回は、すべてラウンド16に進出している。

 

2016-17シーズンのグループステージは、BVBに続いて2位で突破。首位通過できなかったのは、同じくBVBが彼らを抑えて首位に立った2012-13シーズン以来初めて。

 

73試合連続で最低でも1ゴールを挙げてきたが、9月20日にホームでレアル・ベティスに0-1と屈し、その記録が途絶えた。

 

【関連記事】
BVBキッズたちが動物園イベントを満喫
なおも残る課題を自覚
リーグ史上最高の得失点差

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

プリシッチが史上最年少のアメリカ年間最優秀選手に

2017.12.16

プリシッチが史上最年少のアメリカ年間最優秀選手に

ボルシア・ドルトムントのクリスティアン・プリシッチが2017年のアメリカ年間最優秀選手賞に輝いた。19歳での選出は史上最年少。キッカー誌の報道によれば、94%の票を集める圧勝 続きを読む>>

ホッフェンハイムにホームで5連勝中

2017.12.16

ホッフェンハイムにホームで5連勝中

ホームで4勝、アウェーで4分け。TSGホッフェンハイムに対し、ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガで対SCフライブルクに次いで2番目に長い間、敗れていない。そのホッフェンハ 続きを読む>>

「このホームゲームはとても楽しみ」

2017.12.16

「このホームゲームはとても楽しみ」

シーズンは一つひとつの試合の積み重ね ―― そんな姿勢を崩さないペーター・シュテーガー新監督は、ボルシア・ドルトムント就任7日目となる16日に黄色い壁を目の当たりにする。ただ 続きを読む>>