ニュース

2013.9.21

ベンダー:「次は最高の結果を出さないとね!」

ベンダー:「次は最高の結果を出さないとね!」

象徴的な光景だった。ボルシア・ドルトムントの選手たちが19日午前遅くの便に乗り込もうとタラップに列を成すと、空が晴れ上がってきた。今度は間違いなく晴れた。その12時間前にピッチを出ていく彼らの姿は、まるで濡れネズミのようだった。波乱に満ちた試合で、BVBは最後に晴れ間を見いだした。もう少しでナポリから勝ち点1を奪えそうだったが、結局は手ぶらで帰ることになった。

 

「この試合は余計なことばかり起きた。奇妙な試合は何度か経験したけど、これほどおかしな試合は今までなかったよ」。スベン・ベンダーは、2つのキーポイントを含んだ試合をこうまとめた。

 

BVBの攻撃がようやく勢いに乗り始めた開始20分過ぎ、顔面に打撃を受けたネベン・スボティッチはサイドラインの外で治療を受けた。チームドクターのマルクス・ブラウンとフィジオがまぶたの切り傷を手当てしたが、第4審判のベナンシオ・トメはベンダーがピッチへ戻ることを認めなかった。ユルゲン・クロップ監督によると、テーピングにまだ血が残っていたという。

 

ショックを受けるグロスクロイツ

 

ブラウンらがテーピングし直し、スボティッチはようやく第4審判からプレー復帰の許可を得た。それと同時に、主審はナポリにCKを与えていた。スボティッチは走って自陣ペナルティーエリアへと戻ったが、クロスはその頭上を越えてイグアインへ。ナポリのストライカーはシュメルツァーに競り勝ってこれに頭で合わせ、ホームチームに先制点をもたらした。

 

ベンダー:「この試合は余計なことばかり起きた」

 

もちろん不運だったが、審判ばかりを責めるわけにもいかない。そもそもCKもクロスも避けられたからだ。それでもやはり、DF陣が揃っていればこのヘディングシュートは防げた可能性が高かった。

 

クロップ監督は激怒し、第4審判に詰め寄った。「自分がどんな顔をしていたかと思うと恥ずかしいよ」。試合後、ドルトムントの指揮官は自分を責めた。第4審判はなだめようとしていたため、2人の間で話が済んでいれば事は荒立たずに済んだかもしれない。しかし、ラインズマンが主審に報告。そしてプロエンカ主審が退席処分を命じた。「あの時点では、ネベン・スボティッチの状況について間違った解釈をしていた。主審はネベンが戻るのを待たなければならないと思っていた。でも、そうする必要はなかったんだ」。クロップ監督は試合後に主審と副審に素直に謝ったという。

 

指揮官は敗戦の責任を背負った。「いいサッカーができていなかったが、私がカッとしたことで、チームは落ち着きを失ってしまった」

 

退席を命じられたクロップ監督

 

つまり、クロップ監督はロマン・バイデンフェラーの退場にも責任を感じているということだ。レッドカードが出される直前、BVBはまたしてもダメージを受けていた。マッツ・フンメルスが座骨神経痛でピッチを去ったのだ。その時点で、試合は既に前半のロスタイムに入っていた。ベンダーはCBへ下がり、ヤクブ・ブワシュチコフスキが中盤の底に入った。前半終了まであとわずか。ハーフタイムで立て直しだ。しかし、ミスパスとオフサイドトラップの失敗により、ホイッスルが鳴る前にピンチが訪れた。バイデンフェラーはゴールを飛び出して必死のセーブに出る。ペナルティーエリアを出て、突進してきたイグアインより先にボールに到達したが、反射的にボールを手でクリアしてしまった。得点の機会をハンドで妨げたとして、当然の一発レッドを受けた。「早い者勝ちの状況だったからね」。バイデンフェラーは、やはりいら立ち気味に答えた。

 

バイデンフェラーがペナルティーエリアの外で手を使ってしまう [写真:firo]

 

「1人少なくなったけど、後半から非常にうまく戦い、力を発揮した」。ベンダーはこう語ったが、BVBは後半に2失点目を喫してしまう。この場面で、バイデンフェラーに代って入ったミチェル・ランゲラクはポストに激突、両前歯にダメージを負った。「歯より負けたことの方が痛いよ」。自身が出場した試合での連勝が11で止まったランゲラクは、このように語った。「僕らは監督を失い、ロマンを失った。その2つが試合のポイントになった」。それでもランゲラクは奮闘して好セーブも見せ、ロイスと(非常にいい動きを見せた)オーバメヤンがスニガを追い込んでオウンゴールを犯させると、マラガ戦の再現も不可能ではなくなった。事実、敵将ベニテス監督も終盤は気が気でなかったと言う。10人になりながらも、BVBは奮闘し、熱く戦い、同点ゴールを目指した。だが、それは最後まで奪えなかった。

 

奮闘むなしく勝ち点ゼロのままで帰ったBVBは、2週間後の第2節でハンス・ヨアヒム・バツケCEOのいう「背水の陣」を敷いてオリンピック・マルセイユと戦うことになった。「チャンピオンズリーグは普通のリーグ戦ではなく、カップ戦のようなものだ。最初から全力を出さなければならない」とバツケCEOは言う。

 

ランゲラクはポストに激突して両前歯を痛めた

 

BVBはイタリアでそれができていなかった。「前半は思い通りのサッカーができなかった」とベンダーは認めつつ、次のように付け加えた。「第2節では最高の結果を出さないとね。昨シーズンの経験で、チャンピオンズリーグがどれほど偉大な大会かわかっているから」。まだ何も失ってはいない。クロップ監督もそれを承知している。「もっと自信を持って、もっとうまく戦う必要がある。それができれば、このグループから勝ち上がれる可能性は十分にあるだろう」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2019.11.14

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2001年から2006年までボルシア・ドルトムントに在籍し、2002年のブンデスリーガ制覇に貢献したヤン・コレル氏が11月に初来日を果たした。BVBのアンバサダーとして日本で 続きを読む>>

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

2019.11.13

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

ボルシア・ドルトムントのレジェンド、ヤン・コレル氏(46)が来日し、11月7日から11月9日まで日本で様々な活動を行った。   続きを読む>>

新しくてエキサイティングな冒険

2019.11.13

新しくてエキサイティングな冒険

マテウ・モレイは体格面で恵まれていないかもしれないが、類まれなサッカーの頭脳とセンスの持ち主だ。そして何よりも大切なことに、この世界で極めて高く評価される資質、つまり相手から 続きを読む>>