ニュース

2017.6.13

プレシーズンのスケジュール

プレシーズンのスケジュール

DFBポカール覇者で来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ出場チームであるボルシア・ドルトムントは、ブンデスリーガ通算55回目のシーズンに向けた準備を7月7日からスタートさせる。今回のプレシーズンはペーター・ボス新監督の下、親善試合を8試合行うほか、スイスでの合宿やジグナル・イドゥナ・パルクでのドイツ・スーパーカップ、そしてDFBポカール1回戦など盛りだくさんな内容となっている。

 

夏のバカンスが明けて4日後の7月11日には、早くも最初の親善試合としてロート=バイス・エッセンと敵地で対戦する(中央欧州標準時19時、日本時間12日2時キックオフ)。この試合は、地元ルール地方のファンにとってBVBを間近に見られる絶好のチャンス。シーズン最初の乳酸値測定は7月13日から19日までの日本および中国ツアーの期間中に行われる。このアジアツアーでは、まず15日に東京に近い埼玉スタジアムでJリーグ王者である浦和レッズと対戦(中央欧州標準時12時10分、日本時間19時10分キックオフ)。18日には広州でイタリアの強豪ACミランと戦うことになっている(中央欧州標準時13時20分、日本時間20時20分キックオフ)。

 

アジアから戻ったあとは22日にVfLボーフムの本拠地に乗り込む。こちらのキックオフは中央欧州標準時18時(日本時間23日1時)となる。

 

7月26日から8月2日までは、過去数年と同様、スイスのバート・ラガーツで合宿を行い、2つの親善試合に臨む。1試合目は7月28日で、対戦相手および試合会場、キックオフ時間は未定。2試合目は8月1日にオーストリアのアルタッハでセリエAのアタランタと顔を合わせる。

 

8月4日夜には、BVBとメインスポンサーのエボニック社が2017-18シーズンのチームをジグナル・イドゥナ・パルクで正式にお披露目。翌5日には再び、この世界で最も美しいスタジアムに戻り、新シーズン最初の公式戦、ブンデスリーガ王者バイエルン・ミュンヘンとのドイツ・スーパーカップに挑む(中央欧州標準時20時30分、日本時間6日3時30分キックオフ)。さらにその翌日には、約束どおり3部のロート=バイス・エアフルトと親善試合を行う。これはウインターブレーク中に開催される予定が霧のためキャンセルとなった試合で、シュタイガーバルトシュタディオンで中央欧州標準時17時(日本時間7日0時)にキックオフされる。

 

8月10~14日のいずれかには、おそらくフライブルクの本拠地で6部のリーラジンゲン=アーレンとDFBポカール1回戦を戦う予定。その後、18日から20日の週末に開幕するブンデスリーガまでの間に、FSVツビカウとの親善試合を行う。こちらの試合日およびキックオフ時間が決まるのは、ポカール1回戦のスケジュールが確定してからとなる。

 

親善試合の観戦チケットは、それぞれ地元のチケット販売会社から購入可能。エッセンとボーフムでの試合だけは例外となり、こちらの購入方法は追ってクラブから発表される。

 

【関連記事】
BVB、敵地でリーラジンゲン=アーレンと対戦
プレシーズン初戦の相手はRWエッセンに決定
エイチ・アイ・エスがBVBのアジアツアーパートナー2017に!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

あれから60年 – 同じチームでタイトル防衛

2017.6.23

あれから60年 – 同じチームでタイトル防衛

ボルシア・ドルトムントは1957年6月23日に新たな歴史をつくった。ヘルムート・シュナイダー監督率いるチームが成し遂げた空前の偉業は、それから60年が経った今も繰り返されてい 続きを読む>>

浦和戦まであと21日!

2017.6.23

浦和戦まであと21日!

ボルシア・ドルトムントが浦和レッズと対戦する7月15日(土)の「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」まで、いよいよあと21日!   続きを読む>>

負傷のゲレイロ、骨折は回避

2017.6.22

負傷のゲレイロ、骨折は回避

ボルシア・ドルトムントにポルトガル代表チームから連絡が届き、コンフェデレーションズカップのロシア戦で足首を痛めたラファエウ・ゲレイロは打撲で済んだことが判明。骨折でなかったの 続きを読む>>