ニュース

2017.12.16

プリシッチが史上最年少のアメリカ年間最優秀選手に

プリシッチが史上最年少のアメリカ年間最優秀選手に

ボルシア・ドルトムントのクリスティアン・プリシッチが2017年のアメリカ年間最優秀選手賞に輝いた。19歳での選出は史上最年少。キッカー誌の報道によれば、94%の票を集める圧勝だった。

 

「これは本当に大きな栄誉。投票してくれた人たち全員に感謝したい。このような賞をもらえるなんて想像もしていなかった」とプリシッチは喜びを語った。2017年はアメリカ代表で9試合に出場し、6ゴール4アシストと大活躍。通算では20試合9ゴールとなっており、この代表のデータが受賞理由を裏付けている。

 

アメリカはロシアでの2018年ワールドカップ本大会行きを逃したが、プリシッチは代表メンバーのなかで批判を浴びなかった数少ない選手の1人だ。

 

代表およびメジャーリーグサッカー各クラブの監督、現在および過去の代表選手、そしてメディアの代表が参加した投票で、プリシッチは94%の票を集めた。

 

アメリカ年間最優秀選手賞のこれまでの最年少受賞者は、レバークーゼンとバイエルンで活躍したランドン・ドノバンだった(2003年に21歳で受賞)。同賞は1984年にスタート。昨年はトロントFCのジョジー・アルティドールが選ばれていた。

 

出典:www.kicker.de

 

 

【関連記事】
【プリシッチ インタビュー】「今はこの状況をエンジョイしている」
BVB、プリシッチとも長期契約に合意

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

期待を抱かせる後半と2人の若手

2018.1.21

期待を抱かせる後半と2人の若手

ボルシア・ドルトムントは2018年に入ってからまだ波に乗れていない。ベルリンで試合終了のホイッスルが鳴り響いたあと、監督も選手たちも一様に、ブンデスリーガ再開からの2試合連続 続きを読む>>

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

2018.1.20

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

「何かがあと少し足りない。特にペナルティーエリア内でね」。ヘルタBSC戦後にBVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、 続きを読む>>

「後半は内容がだいぶ改善された」

2018.1.20

「後半は内容がだいぶ改善された」

ベルリンでのヘルタ戦を 続きを読む>>