ニュース

2019.10.2

プラハへ出発、フンメルスも帯同

プラハへ出発、フンメルスも帯同

プラハへの出発に先立ち、ボルシア・ドルトムントのプロ選手部門責任者セバスティアン・ケールが記者陣に対応し、「明日のチャンピオンズリーグの試合を楽しみにしている。バルセロナ戦のパフォーマンスをさらにレベルアップしたい」と語った。

 

グループステージ第1節でカタルーニャの強豪をホームに迎えたBVBは、積極的なプレーで主導権を掌握。しかし再三のチャンスを生かすことができず、最終的には0-0のドローに甘んじた。

 

一方、スラビアはインテル・ミラノとの初戦を1-1で引き分け、敵地ミラノから勝ち点1を持ち帰った。チェコ王者は勝利を目前にしていたが、後半アディショナルタイムに同点ゴールを許して引き分けている。「明日の試合で何が我々を待ち受けているのか。それはわかっている。スラビアは敵地ミラノで勝ち点1を奪うに値していた。十分に警戒しなければならない」とケールは付け加えた。「プラハは興味深く、非常に野心あふれるチームだ。激しい試合を予想している」

 

とはいえ、明日の試合でBVBが目指すのは勝利しかない。「このグループを突破したい」と続けたケールは、ブラック&イエローが決勝トーナメントへ勝ち上がる可能性は十分あると指摘した。「簡単なグループでないことはわかっているが、我々は優勝候補の筆頭格であるバルセロナとも戦えることを証明している」

 

フンメルスもメンバー入り

 

現地時間11時30分にドルトムントを出発したフライトEW1909便は、同12時45分にチェコの首都へ到着。負傷で先週末のブンデスリーガを欠場したマッツ・フンメルスに加え、昨夜のU-23の試合に出場したマテウ・モレイとレオナルド・バレルディも今回の遠征メンバーに入った。しかしニコ・シュルツと同様、パコ・アルカセルが戦線を離脱。このスペイン代表フォワードはアキレス腱に軽い炎症が見られるため、昨日の練習を休んでいた。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
プラハ勢との対戦を回想
プラハでは無失点を継続

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ムココ、代表でのプレーが可能に

2020.2.25

ムココ、代表でのプレーが可能に

ボルシア・ドルトムントのユースチームでゴールを量産するユスファ・ムココがU-19ドイツ代表に選出された。ムココが世代別の代表に招集されたのは2年半ぶり。DFB(ドイツサッカー 続きを読む>>

若きBVBの「成熟したパフォーマンス」

2020.2.24

若きBVBの「成熟したパフォーマンス」

ウインターブレーク明けのブンデスリーガで最高の結果を残しているボルシア・ドルトムント。BVB は敵地レバークーゼンで 続きを読む>>

「この1週間には満足」

2020.2.23

「この1週間には満足」

ボルシア・ドルトムントが敵地でベルダー・ブレーメンに 続きを読む>>