ニュース

2017.9.5

ブンデスリーガ史上2番目に長い連勝記録

ブンデスリーガ史上2番目に長い連勝記録

ボルシア・ドルトムントは9日に再開するブンデスリーガでSCフライブルクのホームに乗り込む(日本時間22時30分キックオフ)。この試合に関するデータを以下にまとめた。

 

BVBはブンデスリーガでフライブルクに12連勝中。これはリーグ戦でのクラブ最長記録であり、ブンデスリーガのチーム別対戦成績でも史上2番目に長い記録となる。最長記録を保持しているのはFCバイエルン・ミュンヘンで、ここまでSVベルダー・ブレーメンに14連勝中。

 

 

この試合に関するデータ
• BVBがフライブルクから得点を奪えなかったのは、ホームで0-2の敗北を喫した2001年10月21日の一戦のみ。また、BVBが敵地ブライスガウでの試合をスコアレスで終えたことは一度もないが、アウェーでの直近17試合で無失点に抑えたのは5試合しかない。ただし、そのうち4試合は最近5試合で記録されている。
• 直近12試合の得点数ではBVBが38-5と圧倒。
• フライブルクがBVB(23敗)以上に多く負けている相手はバイエルン(24敗)のみ。
• フライブルクが最も長く勝てていない相手はBVBで、12試合続けて勝利に見放されている。最後にBVBを倒したのは、ロビン・ドゥット監督の下で3-1と快勝した2010年5月のホームゲーム。
• フライブルクにとってBVBは、これまで最も多く逆転負けを喫している相手(6敗)。過去13試合で先制点を奪っているが、そのうち勝てたのは2回しかない。

 

フライブルク
• 昨シーズンから4試合続けて勝てていない。最後に勝利を収めたのは、FCシャルケ04を2-0で倒した5月7日。
• しかし、ホームでは5戦無敗を維持しており、地元で最後に敗れたのは4月1日のブレーメン戦(2-5)までさかのぼる。

 

 

BVB
• ブンデスリーガではシーズンをまたいで3連勝中。
• ここ27試合で無得点に終わったのは1試合のみ。
• 先制点を奪った直近32試合で無敗。逆転負けは2015年12月19日の1FCケルン戦(1-2)が最後になる。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
フライブルク戦に向けて調整
ノルベルト・ディッケル:マイクを持ったヒーロー

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>

750勝、3000ゴール、5試合無失点

2017.9.21

750勝、3000ゴール、5試合無失点

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガで開幕からの4試合、少なくとも63%のボール支配率を記録してきたが、20日夜にフォルクスパルクシュタディオンで行われたハンブルク戦では5 続きを読む>>

U-23チームは初黒星で首位陥落

2017.9.21

U-23チームは初黒星で首位陥落

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは今シーズン初黒星を喫した。BVBはアレマニア・アーヘンとのホームゲームを0-2で落とし、レギオナルリーガ西部で首位陥落。ヤン・ジーベル 続きを読む>>