ニュース

2014.8.24

ブンデスリーガ史上最速ゴール

ブンデスリーガ史上最速ゴール

ボルシア・ドルトムントは後半にペースを上げたものの、バイヤー04レバークーゼンの強固な守備を崩しきれず、実力を発揮しきれないまま開幕戦を落とした

 

最速得点:カリム・ベララビが開始9秒で先制し、ブンデスリーガ最速得点記録を塗り替えた。従来の記録は11秒だった。

 

既視体験:ユルゲン・クロップ監督が就任して以来、BVBが開幕戦に敗れたのは今回で2度目。前回もホームでのレバークーゼン戦だった(2010-11シーズン、0-2で敗北)。

 

苦手意識:BVBがレバークーゼンとのホームゲームで敗れたのは、最近10試合で5度目。10戦で5敗という数字は、ブンデスリーガのほかのどのチームよりも多い。

 

初黒星:ミチェル・ランゲラクはブンデスリーガ出場11試合目にして初黒星を喫した。レバークーゼンは2本の枠内シュートが得点に結びつき、どちらもランゲラクには成す術がなかった。

 

初の大役:マルコ・ロイスがブンデスリーガの試合で主将を務めたのは今回が初めて。しかし、この日はネットを揺らすことができなかった。

 

新戦力:BVBは新加入のマティアス・ギンターチーロ・インモービレが先発。両選手は満員のジグナル・イドゥナ・パルクでFCバイエルン・ミュンヘンを2-0と下したDFBスーパーカップに出場しているが、シュツットガルター・キッカーズとのDFBポカール1回戦ではベンチに甘んじていた。

 

ラフプレー:レバークーゼンのファウル数(26)はBVB(13)の2倍となり、今シーズンの試合で最多を記録。

 

アウェーで強さを発揮:敵地ドルトムントに乗り込んだレバークーゼンは、アウェーで9勝を挙げた昨シーズンの好調を維持した。

 

【関連記事】
ホームで強いBVBとアウェーで強いレバークーゼン

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

2019.1.23

BVB財団が高校にサッカーゴールを寄付

ドルトムントの北、バルトロップにあるテオドア・ホイス・ギムナジウムは、同校を「健全な学校」にするという長期的な目標を掲げている。その目標の中核を成すのが、生徒たちが休み時間に 続きを読む>>

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

2019.1.22

U-23のジーベルト監督がイングランドへ

ボルシア・ドルトムントは21日、U-23チームを率いるヤン・ジーベルト監督との契約の即時解除に応じた。レギオナルリーガ西部で戦うBVBのリザーブチームを1年半にわたって指導し 続きを読む>>

勝ち点3以上の価値ある勝利

2019.1.21

勝ち点3以上の価値ある勝利

ボルシア・ドルトムントは敵地ライプツィヒで貴重な勝ち点3と大きな収穫を手に入れた。この日のBVBは極めて重要な選手の不在というアクシデントを乗り越えただけでなく、守備でも多く 続きを読む>>