ニュース

2017.11.4

ブンデスリーガの頂上決戦

ブンデスリーガの頂上決戦

ボルシア・ドルトムントとFCバイエルン・ミュンヘンの一戦は、観客を大いに盛り上がらせる伝統の一戦だ。シュトローベルアレーで行われる両者の対戦は、30年連続でチケットが完売! 4日夜のジグナル・イドゥナ・パルクには、8万1360人の観客、400人以上のメディア関係者、そして文化、スポーツ、政治の世界の重鎮たちが試合観戦に訪れる予定となっている(日本時間5日2時半キックオフ)。

 

今回は欠場となるリベリとピシュチェク

 

戦前の状況:2位対1位の激突。BVBは勝てばブンデスリーガ最多優勝記録を持つバイエルンを上回り、再び首位に立って代表マッチウィークに入ることができる。今回はリーグ得点数でもトップ2対決となり、ここまでBVBが27ゴール、バイエルンが24ゴールを記録。さらに両者は、決定機の数(26回ずつ)とシュート数(バイエルンが194本、BVBが171本)でも首位を争っている。

 

ホーム&アウェー:BVBは前回のホームゲームでライプツィヒに2-3と競り負け、41試合にわたって続けてきたリーグでのホーム無敗記録がストップ。ジグナル・イドゥナ・パルクでゴールを挙げられなかったのは、ここ16試合で1度だけ。直近の6試合は、最低でも2ゴールを記録している。一方バイエルンがアウェーで敗れたのは、ここ8試合で1度だけとなっている(9月9日のホッフェンハイム戦)。

 

チーム情報:BVBは出場停止のザガドゥのほか、ピシュチェク、ロイス、ローデ、ドゥルムが欠場。バイエルンはノイアー、ミュラー、リベリ、ベルナトをケガで欠く。

 

直接対決:両チームは2011年11月以降、公式戦(リーグ、ポカール、スーパーカップ、チャンピオンズリーグ)で24試合を戦い、成績はほぼ互角。バイエルンが10勝、BVBが8勝を収め、残り6試合が引き分けとなっている。

 

データ:リーグで3試合勝ち星がないブラック&イエローに対し、バイエルンは3試合連続で無失点に抑えている。

 

主審:ハンブルク出身のトビアス・シュティーラー(36)が担当。ドルトムントでのBVB対バイエルン戦を裁くのは3試合連続となる。副審はマルクス・イェレンベックとクリスティアン・ギッテルマン、第4審判はビビアーナ・シュタインハウスが務める。

 

観客数:チケットはすでに完売。ジグナル・イドゥナ・パルクは8万1360人の観客で埋め尽くされる。

 

ホームでの最多得点差勝利:バイエルンをホームに迎えた試合で一番の大勝を収めたのは1967年6月3日。シュタディオン・ローテエルデでローター・エメリッヒとラインホルト・ボーザプが2点ずつを決め、4-0と勝利した。

 

構成:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
シャヒン:「監督が方針を一変させることはないだろう」
「顔を上げ、全力で必死に戦い続けるんだ」
「勝利が最高の良薬」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

速報:シュツットガルト 2-1 BVB

2017.11.18

速報:シュツットガルト 2-1 BVB

ボルシア・ドルトムントは17日夜、ブンデスリーガ第12節でVfBシュツットガルトにアウェーで1-2(前半1-1)で敗れた。両チームの出場メンバーおよび主なスタッツは以下の通り 続きを読む>>

シュツットガルトでこれまで好成績

2017.11.17

シュツットガルトでこれまで好成績

金曜日にシュツットガルトのメルセデス・ベンツ・アレーナで対戦する両チームは(日本時間18日午前4時30分キックオフ)、互いに興味深い流れの継続を目指す。VfBシュツットガルト 続きを読む>>

シュツットガルト戦の予想スタメン

2017.11.16

シュツットガルト戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは17日夜、ブンデスリーガ第12節でVfBシュツットガルトの本拠地に乗り込む(日本時間18日4時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバーは以下の通 続きを読む>>