ニュース

2020.2.1

ブルーン・ラーセンがホッフェンハイムへ移籍

ブルーン・ラーセンがホッフェンハイムへ移籍

ヤコブ・ブルーン・ラーセン(21)が5年間を過ごしたボルシア・ドルトムントに別れを告げ、新たなチャレンジを模索するためにTSGホッフェンハイムへ移籍した.

 

BVBスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは「慎重な交渉の末、ヤコブの要望に沿う形で退団を認めた。新天地での活躍を心より祈っている。今後もサッカー選手としての成長ぶりを注意深く見守っていきたい」と語った。

 

ブルーン・ラーセンは2015年1月、リンビーBKからBVBユースアカデミーに16歳で加入すると、すぐにチームの主力に定着。友人でもあるクリスティアン・プリシッチと共に活躍し、BVB U-17とU-19で3シーズン連続のタイトル獲得に貢献した。2016年のリオオリンピックにもデンマーク代表として出場している。

 

プロデビューはウニオン・ベルリン戦

 

BVBのファーストチームにデビューしたのは、2016年10月26日に行われたDFBポカールのウニオン・ベルリン戦。その後はUEFAチャンピオンズリーグ、DFBポカール、ブンデスリーガの計39試合に出場し、3ゴールを記録していた。2019年3月21日のコソボ戦(2-2の引き分け)では、デンマークA代表としても初キャップを獲得した。

 

「これまで自分を支えてくれたこと、そして素晴らしい時間を過ごせたことについて、BVBのコーチ陣とチームメートはもちろん、スタッフやファンにも感謝したい。違うクラブへ行くことになったけど、彼らのことはいつまでも忘れない」とブルーン・ラーセンは話した。

 

【関連記事】
アルカセルがビジャレアルへ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

勝利数はBVB、得点数はブレーメンが優位

2020.2.20

勝利数はBVB、得点数はブレーメンが優位

22日のブンデスリーガで104回目の対戦を迎えるベルダー・ブレーメンとボルシア・ドルトムント。ブレーメンはBVBがドイツ1部リーグで最も多く戦っている相手になる。日本時間23 続きを読む>>

来季からユニフォームスポンサーが2社に

2020.2.20

来季からユニフォームスポンサーが2社に

ボルシア・ドルトムントのユニフォームスポンサーが2020-21シーズンから2社に増えることになった。2020年夏以降は化学工業グループ企業のエボニック、テレコミュニケーション 続きを読む>>

トップス社が2020年夏のツアーの商業パートナーに

2020.2.20

トップス社が2020年夏のツアーの商業パートナーに

ボルシア・ドルトムントがトップス社と新たな提携。同社はBVBの2020年サマーツアーの商業パートナーとして、ブラック&イエローおよびブンデスリーガのファンに様々なコレクターズ 続きを読む>>