ニュース

2013.5.27

フンメルス:残念だけど「非常にいいシーズンだった」

フンメルス:残念だけど「非常にいいシーズンだった」

マッツ・フンメルスはケガとの戦いに勝ち、ウェンブリー決戦に先発出場した。1-2での敗戦の後、CBのフンメルスはロッベンの決勝ゴールや今シーズンなどについて語り、「非常にいいシーズンだった」としながらも、「トロフィーに近づき、決勝の舞台に立って相手を倒せると感じるほど、それに手を掛けられないとつらいものだね」と認めた。

 

マッツ、敗戦からまだ数時間後の今はどんな気分ですか?
この世界最大のクラブサッカーの試合に、あんな形で負けたのは本当に残念だよ。特に、相手の方が明らかに上というわけではなかったことを考えるとね。あの時間帯に失点してしまったのは本当に受け入れ難いよ。

 

トロフィーにそっと手を置く失意のマッツ

 

後半は少しずつ相手のペースになっていきましたが…
たしかに彼らの方がたくさんチャンスをつくった。僕らはボールをキープできなくなったしね。後半だけで考えると、バイエルンは勝って当然だ。僕らは2、3回、ピンチに対処しなければならなかった。ミュラーに2度、ロッベンに1度、決定的なチャンスを与えてしまった。結局、彼らの方がわずかに上だったと認めるしかないだろうね。

 

マルティネスのタックルをかわしながらボールを持って上がるマッツ・フンメルス

 

PK獲得の場面は結果にどれほど影響したでしょう?ロイスにファウルしたダンテは退場になりませんでしたが。
それを蒸し返したいと思うほど気にしていないよ。あの場面を思い出して、2枚目のイエローカードを出すべきだったと感じたところで、僕らが負けたという事実は変わらない。800紙の新聞が彼は退場にすべきだったと書き立てたとしても、自分たちがチャンピオンズリーグの王者になるわけじゃない。

 

決勝ゴールの場面はどうでしたか?
残念ながら、あまりよく説明できない。本当にシンプルな攻撃で、僕らのエリア付近にロングボールが入れられた。もっとうまく対処するべきだったね。ただ、リベリのスルーパス、それからロッベンのフィニッシュはうまかったと認めるしかないけどね。残念なことに、あの時間に失点してしまったので、反撃する時間はほとんどなかった。

 

では、あの試合を終えた今、どちらの感情が大きいでしょう?失望感でしょうか、それともここまで来たというプライドでしょうか?
非常にいいシーズンだったよ。ブンデスリーガでは必要水準に数ポイント届かなかったけど、それでも僕らは66ポイントでフィニッシュした。チャンピオンズリーグでは決勝までたどり着き、一部の人を驚かせた。だから誇りにできることはあるよ。でも、トロフィーに近づき、決勝の舞台に立って相手を倒せると感じるほど、それに手を掛けられないとつらいものだね。

 

取材:フェリックス・ウルリッヒ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「監督冥利に尽きる」

2020.1.23

「監督冥利に尽きる」

ブンデスリーガの2020年ホーム初戦に先立つ会見で、ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が記者陣の質問に答えた。   続きを読む>>

500人超がファン代表者会合に参加

2020.1.22

500人超がファン代表者会合に参加

20日夜、すべての公式BVBファンクラブがジグナル・イドゥナ・パルクに集い、今シーズン2度目のファン代表者会合に出席した。260のファンクラグから、500人以上のBVBファン 続きを読む>>

いわてグルージャ盛岡がBVBのパートナーに

2020.1.21

いわてグルージャ盛岡がBVBのパートナーに

ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントは21日、日本のサッカークラブ、いわてグルージャ盛岡と3年間のパートナーシップ契約に合意した。   続きを読む>>