ニュース

2014.9.24

フンメルス、シュツットガルト戦で復帰へ

フンメルス、シュツットガルト戦で復帰へ

ホームにVfBシュツットガルトを迎える24日の一戦(日本時間25日3時キックオフ)を前に、駒不足の窮地に陥っているボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの負傷離脱を「最悪の事態」と表現した。しかしその一方で、マッツ・フンメルス、ネベン・スボティッチ、チ・ドンウォンの復帰にメドが立ったという朗報もある。

 

それでもクロップ監督は、イルカイ・ギュンドアンが予想よりも早く復帰するとの見通しを否定。事実とは異なる情報を流したメディアに不快感を示した。「イルカイ・ギュンドアンが戦列に戻る日は、このクラブの全員にとって素晴らしい1日になるだろう。しかし、離脱期間の14カ月は14カ月だ。たとえ故障者が続出しているとしても、我々は引き続き冷静に対応する」

 

BVBの指揮官はフンメルスの先発フル出場を「不可能」と語ったものの、「このポジションは最も問題が少ない」と付け加えた。BVBの新キャプテンはシュツットガルト戦で今季初めてメンバー入りする見通しだが、試合前日と翌日には個別の調整が必要だとクロップ監督は語っている。

 

そのほか、スボティッチがファーストチームの戦列に復帰する一方で、チも今節からメンバー入りする見通し。そして23日の練習には、U-23チームのジョセフ・ギャウと18歳の日本人MF丸岡満も参加した。丸岡は先週、U-19チームの一員としてUEFAユースリーグでプレーしており、クロップ監督も期待を寄せている。「彼については非常に満足している。素晴らしい選手で、(1FSVマインツ05戦の)試合終盤に明るい話題を提供してくれた」

 

【関連記事】
得意のホームゲームで勝利を目指せ

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ウニオン・ベルリン戦の予想スタメン

2021.4.21

ウニオン・ベルリン戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは21日、ブンデスリーガ第30節でウニオン・ベルリンと対戦する。両チームの予想スタメンは以下の通り。 続きを読む>>

特別ユニフォームを再販売

2021.4.21

特別ユニフォームを再販売

4-1の完勝を収めた日曜日のヴェルダー・ブレーメン戦で着用したネオンイエローの特別ユニフォームが再販売されることになりました。日曜日には前回 続きを読む>>

スーパーリーグ創設に関する議論についての声明

2021.4.20

スーパーリーグ創設に関する議論についての声明

ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが月曜日、欧州スーパーリーグの創設に関する議論について声明を発表しました。 続きを読む>>