ニュース

2017.9.5

フライブルク戦に向けて調整

フライブルク戦に向けて調整

ボルシア・ドルトムントのファーストチームに活気が戻りつつある。代表戦による中断期間が終わったわけではないものの、一足早くチームに戻ってきた代表組は9日に行われるブンデスリーガのSCフライブルク戦に向け、それぞれ準備に着手している。

 

香川真司などすでに帰還した選手たちは、ジェレミー・トリアンジェイドン・サンチョの新加入コンビと共に初めてトレーニングを行った。同じく新戦力のウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコは、今週後半からチームに合流する予定だ。

 

一般公開された練習後はファンサービスの時間となり、選手たちは時間が許す限りサインや記念撮影に応じた。

 

文:ボリス・ルパート

 

 

【関連記事】
ノルベルト・ディッケル:マイクを持ったヒーロー

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>

750勝、3000ゴール、5試合無失点

2017.9.21

750勝、3000ゴール、5試合無失点

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガで開幕からの4試合、少なくとも63%のボール支配率を記録してきたが、20日夜にフォルクスパルクシュタディオンで行われたハンブルク戦では5 続きを読む>>

U-23チームは初黒星で首位陥落

2017.9.21

U-23チームは初黒星で首位陥落

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは今シーズン初黒星を喫した。BVBはアレマニア・アーヘンとのホームゲームを0-2で落とし、レギオナルリーガ西部で首位陥落。ヤン・ジーベル 続きを読む>>