ニュース

2017.9.18

フィリップ:「内容に見合う大勝」

フィリップ:「内容に見合う大勝」

BVBで出場した公式戦で常に2アシストをマークしてきたマキシミリアン・フィリップが、ケルン戦で移籍後初めて2ゴールを決めた。そのうち1点目はキックオフの100秒後に生まれ、BVBにとってここ4年半での最速ゴールとなっている。

 

「僕らのパフォーマンスはとても良かった。最初から最後までゲームを支配し、本当にいいサッカーをすることができた」。フライブルクからやって来たフィリップは、試合後のSkyのインタビューでこうコメント。69分にもスコアを5-0とするゴールを決めたストライカーは次のように続けた。「内容に見合う大勝だった。どの相手も、僕らの攻撃的なプレスに戸惑っている。今日はいい形で勝つことができたよ」

 

23歳のフィリップにとって、ブンデスリーガでの2得点はこれが2度目。フライブルク時代の2016年9月10日にもグラットバッハから2ゴールを奪った。1部リーグで決めた通算12ゴールのうち、ヘディングでの得点は2ゴールのみとなっている。

 

 

【関連記事】
5-0:ケルンに圧勝し首位をキープ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

プリシッチが史上最年少のアメリカ年間最優秀選手に

2017.12.16

プリシッチが史上最年少のアメリカ年間最優秀選手に

ボルシア・ドルトムントのクリスティアン・プリシッチが2017年のアメリカ年間最優秀選手賞に輝いた。19歳での選出は史上最年少。キッカー誌の報道によれば、94%の票を集める圧勝 続きを読む>>

ホッフェンハイムにホームで5連勝中

2017.12.16

ホッフェンハイムにホームで5連勝中

ホームで4勝、アウェーで4分け。TSGホッフェンハイムに対し、ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガで対SCフライブルクに次いで2番目に長い間、敗れていない。そのホッフェンハ 続きを読む>>

「このホームゲームはとても楽しみ」

2017.12.16

「このホームゲームはとても楽しみ」

シーズンは一つひとつの試合の積み重ね ―― そんな姿勢を崩さないペーター・シュテーガー新監督は、ボルシア・ドルトムント就任7日目となる16日に黄色い壁を目の当たりにする。ただ 続きを読む>>