ニュース

2019.5.5

ファブレ監督:「ロマンは何度もチームを救ってきた」

ファブレ監督:「ロマンは何度もチームを救ってきた」

敵地でSVベルダー・ブレーメンと2-2で引き分けた一戦を終え、ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督は決定力不足を悔やむ一方で、GKロマン・ビュルキを称賛した。

 

ルシアン・ファブレ監督:前半のうちに3-0にできるチャンスが何度もあった。同じく後半にも。チャンスを得点に結びつけることができず、それ自体はしかたのないことだが、それでも落ち着いてプレーしなければならない。不用意に2つのゴールを奪われたことが悔やまれる。ロマンについては何も言うことがない。最終的な結果がどうなったとしても、今シーズンの彼は素晴らしいパフォーマンスを披露してくれている。ロマンは何度もチームを救ってきた。2点目を奪われた場面では、もっとはっきりとクリアしなければいけなかった。これで非常に苦しくなったことはわかっている。ホームでの最終戦に勝利し、バイエルンが取りこぼすことを期待したい。我々に残された希望はそれだけだ。

 

採録:クリスティーナ・ラインケ

 

 

【関連記事】
2-2:敵地ブレーメンで痛恨のドロー

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-17、6-1の圧勝でドイツ西部王者に

2019.5.26

U-17、6-1の圧勝でドイツ西部王者に

ボルシア・ドルトムントU-17がアルミニア・ビーレフェルトに6-1で圧勝し、今シーズンの目標に掲げていたリーグ優勝を成し遂げた。   続きを読む>>

ロイス、ブラント、シュルツがドイツ代表に選出

2019.5.25

ロイス、ブラント、シュルツがドイツ代表に選出

マルコ・ロイス、 続きを読む>>

クラブミュージアム、改装のため閉鎖へ

2019.5.24

クラブミュージアム、改装のため閉鎖へ

オープニングから10年、ボルシア・ドルトムントのクラブミュージアム“ボルッセウム”が全面改装されることになった。ただ施設が新しくなっても、「ファンによるファンのためのミュージ 続きを読む>>