ニュース

2020.6.16

ファブレ監督、ホーランドとレイナを称賛

ファブレ監督、ホーランドとレイナを称賛

フォルトゥナ・デュッセルドルフを倒し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したボルシア・ドルトムントが次に挑むのは、今シーズン最後の“イングリッシュウィーク”。17日夜には1FSVマインツ05を本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間18日3時30分キックオフ)。

 

今週は2試合を行わなければならないBVBだが、メンバーを入れ替えるかどうかについて、ルシアン・ファブレ監督はいつものように多くを語らなかった。BVBの指揮官はケガ人の多さについて言及し、「確かにそうしたい気持ちはある。しかし4選手が起用できない今は非常に難しい」と発言。それでも1、2選手を温存する可能性を示唆し、「多少の入れ替えはあり得る」と付け加えた。

 

途中出場したデュッセルドルフ戦で決勝点を挙げ、1-0の勝利に貢献したアーリング・ホーランドは、今節から先発に復帰する可能性が高い。「体力的に余裕があるのは大きい。普通の状態ならプレーする。我々には彼の力が必要だ」と話したファブレ監督は、ホーランドの「メンタリティが気に入っている。いつも積極的で、常に勝利を求めているからね」と続けた。さらにジョバンニ・レイナを称賛し、「彼はまだ17歳だが、大きな才能を持つ選手だ。サッカーとは何かを理解しており、労を惜しまず走り、守備もおろそかにしない。素晴らしいパフォーマンスだ」と述べた。レイナは3月のFCシャルケ04戦で先発する予定だったが、コロナウイルスの影響で試合が延期。そのシャルケ戦は結局5月に行われたものの、今度はウォームアップ中の負傷で初先発のチャンスを逃していた。

 

 

ブラック&イエローはSCパーダーボルンデュッセルドルフに続き、今節も降格の危機に瀕しているチームと顔を合わせる。現在15位に沈むマインツについて、ファブレ監督は「アウクスブルクに競り負けた試合では、逆に3-0のリードを奪っていてもおかしくなかった」と指摘。「攻撃力が高く、危険な相手だ。我々にも全力で立ち向かってくるだろう。このまま勝ち続けたい」と続けた。

 

チームが勝利を重ねるためには、攻撃陣の奮起が必要になる。それをわかっているファブレ監督は、デュッセルドルフ戦で「前線にボールが入らなかった。そこを改善する必要がある」と付け加えた。その課題を克服できれば、BVBはシーズン最多得点のクラブ記録を更新できるだろう。現時点では過去最多だった2015-16シーズンの82得点に並んでいる。「常に前進あるのみ。残り3試合でゴールを積み重ねれば、記録を塗り替えることになる。しかし常に優先すべきはチームの勝利だ」とファブレ監督。残り3試合に勝つと、今シーズンの勝ち点も75ポイントに到達する。「昨シーズンの勝ち点は76。今シーズンを75ポイントで終わることができれば、またしても非常にいいシーズンだったと言っていいだろう」

 

文:クリスティーナ・ラインケ

 

【関連記事】
武田玲奈のBVBブランドアンバサダーブログVol.3
ピシュチェク:「今もハングリー」
「最終合意」のビュルキ – 「とても幸せ」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.33

2020.7.5

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.33

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形貴弘さんのブログ第33回を公開!   Vol.33 総括!!   ブンデス最終戦! ホー 続きを読む>>

武田玲奈のBVBブランドアンバサダーブログVol.4

2020.7.2

武田玲奈のBVBブランドアンバサダーブログVol.4

BVBブランドアンバサダーを務める武田玲奈さんのブログ第4回を公開!   Vol.4 BVBブランドアンバサダー:1年を振り返って 続きを読む>>

BVB 20/21ホームユニフォーム発売

2020.7.2

BVB 20/21ホームユニフォーム発売

選手たちは来シーズンの前に充電期間を過ごすが、私たちにとってのエキサイティングで濃密な20/21シーズンはもう始まっている – 続きを読む>>