ニュース

2016.10.17

ピシュチェクとソクラティスの出場に期待

ピシュチェクとソクラティスの出場に期待

ボルシア・ドルトムントの一行を載せたチーム専用エアバスEW 1909便は、3時間ほどのフライトを経て夕刻にリスボンに到着。BVBは17日(日本時間18日3時45分キックオフ)のUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節でスポルティング・リスボンと対戦する。

 

試合前日の移動がこれまでの通例だったが、今回は(タイトルが懸かった決勝を除いて)初めてキックオフの50時間前に現地入り。『飛行機で出国~到着直後にホテルへ~スタジアムへ移動後に練習』という慌ただしいスケジュールから解放されるため、チームはいつも以上にしっかりとした準備ができる。

 

リスボンへ出発:ゲッツェとビュルキ

 

スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクも、その意図を次のように説明した。「リカバリーにより集中することができる上、時間的に余裕が生まれる」。これは首位通過を本命視されているレアル・マドリーCFの存在を意識するBVBが、現地時間17日夜にエスタジオ・ジョゼ・アウバラージで、そして11月2日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われるスポルティングとの連戦を重視していることの証だ。「スポルティングとの2試合には、このグループの最終結果を左右する極めて重要な意味がある」と続けたツォルク。「直接対決の成績が大きくモノを言うはずだ」

 

BVBは第1節でレギア・ワルシャワに6-0と圧勝。第2節ではレアル・マドリーと2-2で引き分けている。ツォルクはワルシャワでの試合を引き合いに出し、「我々は素晴らしいパフォーマンスで最高の結果を残した。今度の火曜日も同じになるといいね」と付け加えた。

 

しかし、予想先発メンバーについてはさまざまな憶測が飛び交っている。リスボン遠征に帯同したウカシュ・ピシュチェクとソクラティスの状態について、ツォルクは「最終的には両選手が出場できることを願っている」と話した。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
現体制では欧州のアウェーゲームで9戦6勝
シュメルツァー、内転筋の負傷で離脱

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

EXILE CUPの優勝チームがドルトムントを訪問

2017.2.24

EXILE CUPの優勝チームがドルトムントを訪問

小学4年生から6年生を対象とした日本のフットサル大会EXILE CUP 2016の優勝チームが、2月18日にドルトムントを訪問した。   続きを読む>>

『BVB World』Episode29

2017.2.24

『BVB World』Episode29

ボルシア・ドルトムントが選手のインタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。最新のEpisode29をお届け! &nbs 続きを読む>>

3年連続のBVB特集、「ワールドサッカーキング3月号」が好評発売中

2017.2.23

3年連続のBVB特集、「ワールドサッカーキング3月号」が好評発売中

ボルシア・ドルトムントを丸ごと一冊特集した「ワールドサッカーキング3月号」が10日に発売された。   2015年、2016年に続き、「 続きを読む>>