ニュース

2017.10.10

ピシュチェクが代表戦でひざを負傷

ピシュチェクが代表戦でひざを負傷

ポーランド代表として8日のワールドカップ欧州予選に出場したウカシュ・ピシュチェクが、モンテネグロに4-2と勝利したその試合で右ひざの外側側副靭帯を負傷。ボルシア・ドルトムントでしばらく試合に出られない見通しとなった。

 

32歳の右SBは今シーズンもBVBの4バックでレギュラーとして活躍し、ここまで公式戦全試合にスタメン出場していた。

 

【関連記事】
ブンデスリーガで好調の理由を分析
BVBの14選手が各国代表に招集

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>