ニュース

2017.10.10

ピシュチェクが代表戦でひざを負傷

ピシュチェクが代表戦でひざを負傷

ポーランド代表として8日のワールドカップ欧州予選に出場したウカシュ・ピシュチェクが、モンテネグロに4-2と勝利したその試合で右ひざの外側側副靭帯を負傷。ボルシア・ドルトムントでしばらく試合に出られない見通しとなった。

 

32歳の右SBは今シーズンもBVBの4バックでレギュラーとして活躍し、ここまで公式戦全試合にスタメン出場していた。

 

【関連記事】
ブンデスリーガで好調の理由を分析
BVBの14選手が各国代表に招集

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「ボールを失う度に速攻を許した」

2018.9.23

「ボールを失う度に速攻を許した」

ボルシア・ドルトムントは22日の試合で 続きを読む>>

強い気持ちで勝ち点1を獲得

2018.9.23

強い気持ちで勝ち点1を獲得

ボルシア・ドルトムントはまたしても精神力の強さを見せつけ、 続きを読む>>

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

2018.9.23

バツケCEOがホッフェンハイムに謝罪

ボルシア・ドルトムントがTSGホッフェンハイムの本拠地に乗り込んだ試合で、アウェー席の一部のファンから容認しがたい行為が見られた。ハンス・ヨアヒム・バツケCEOは試合中にホッ 続きを読む>>