ニュース

2017.8.6

ビュルキ:「1点目のようなゴールを監督は求めている」

ビュルキ:「1点目のようなゴールを監督は求めている」

PK戦でロマン・ビュルキはバイエルンのヨシュア・キミッヒを止めてみせたものの、5日はボルシア・ドルトムントの日ではなかった。しかし不運な敗戦のあと、BVBの守護神はBVBtotal!のインタビューで失意をあらわにしつつ、収穫も多かったと強調。「特に1点目は良かった」と述べた。

 

終了数分前に同点ゴールを奪われ、PK戦で不運な敗戦を喫してどんな気分ですか?
もちろんすごくがっかりしているよ。ついさっきのことだからね。PK戦にもつれ込ませず、90分で勝負を決めておくべきだった。バイエルンの2点目は、僕らにすれば間違いなく不運な失点だった。PK戦でも少し運に恵まれなかったね。

 

バイエルンの2つ目の同点ゴールに関わっていましたが、どんなふうに決まったのでしょう?
たぶん、観客席から見ているのに比べて、僕の場所からは一瞬の出来事に見えたと思う。常に目でボールを追いかけているから、全体像がつかみづらいんだ。残念ながら結局ゴールを割ったということで非常にアンラッキーだったけど、そもそもセットプレーに対してもっとうまく守るべきだったと思うよ。

 

 

PK戦はもちろんクジ引きのようなものですが、どんな感想ですか?
「失うものは何もない」とよく言われるけど、僕らは今夜PK戦で勝利を失ってしまった。ものすごくアンラッキーだった。正直、あまり話したいとは思わない。PK戦はいつも運の問題だからね。そもそもPK戦にもつれ込んでしまったことが悔しいよ。

 

それでも今日はいい面もたくさんあったと思いますが、どんな収穫があったでしょう?
振り返ってみれば、この試合で得た収穫は多いんじゃないかな。特に1点目は良かった。ハイプレスからクリスティアン・プリシッチがボールを奪い返して得点したんだ。あれこそまさに監督が僕らに求めている形だ。それにみんなよく走っていた。この調子で続けていく必要がある。

 

【関連記事】
「3度リードを奪っていた」
「後半は完全にゲームを支配した」
デンベレが新人賞を受賞
PK戦で敗れ、スーパーカップ獲得ならず

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

BVBサッカースクールが愛知・岐阜で開校!

2018.1.24

BVBサッカースクールが愛知・岐阜で開校!

ボルシア・ドルトムントとNOVAホールディングス社は、日本の年少から15歳までの子供を対象とした常設のBVBサッカースクールを開校することを決定。より多くの日本の子供たちにB 続きを読む>>

ラーセンがシュツットガルトに期限付き移籍

2018.1.24

ラーセンがシュツットガルトに期限付き移籍

ボルシア・ドルトムントのFWヤコブ・ブルーン・ラーセン(19)が、シーズン終了までVfBシュツットガルトでプレーすることになった(2018年6月30日までの期限付き移籍契約) 続きを読む>>

5年前、試合を一転させた驚異の4分間

2018.1.24

5年前、試合を一転させた驚異の4分間

今週土曜、SCフライブルクがジグナル・イドゥナ・パルクにやって来る(日本時間27日23時30分キックオフ)。約5年前の2013年3月16日、バーデン=ビュルテンベルクから乗り 続きを読む>>