ニュース

2017.4.2

ビュルキ:「結果に100%満足することはできない」

ビュルキ:「結果に100%満足することはできない」

1-1で引き分けたシャルケとのレビアダービーの終了後、BVB total!のインタビューに応じたロマン・ビュルキは、パフォーマンスには満足できるが結果には満足できなかったとして、「献身的なプレーや情熱という点では、すべてがよかった」と話した。

 

 

ロマン、君たちはリードして2点目を奪うチャンスもつくりましたが、結局は1ポイント“だけ”を持ち帰ることになりました。試合の感想は?
僕らが完全には満足していないことは明らかだよ。今君が言ったように、僕らはリードを奪い、勝負をつけるチャンスもつくった。でもそれを生かせず、決してあきらめなかったシャルケに同点ゴールを与えてしまい、終盤はものすごいプレッシャーにさらされた。最終的にはこの結果に100%満足することはできないね。

 

結果だけですか? パフォーマンスにも満足できなかった?
結果だけだよ。パフォーマンスは何の問題もなかった。懸命に戦っていたし、タックルでも負けなかった。献身的なプレーや情熱という点では、すべてがよかった。ただダービーだから、どちらかのチームが全力を出し尽くさないなんてことがあったらおかしいけどね。

 

これで4位に順位が下がってしまいました。チャンピオンズリーグやDFBポカールもありますが、何よりブンデスリーガで今後、勝利を挙げることが重要になりますね。
ものすごく重要だよ。僕らの目標はチャンピオンズリーグ本戦の出場権を得ることだからね。それを考えると、とにかく持てる力をすべて注ぎ込まないといけない。幸いもう火曜日には、勝ち点3を奪う次のチャンスがやってくる。

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

【関連記事】
「2点目を奪い、とどめを刺す機会を逃した」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

2-2:終盤の追い上げでボーフムとドロー

2017.7.23

2-2:終盤の追い上げでボーフムとドロー

ゴンサロ・カストロとクリスティアン・プリシッチが85分と86分に得点し、ボルシア・ドルトムントはVfLボーフムに2点を先行されながらも2万4000人を集めたルールシュタディオ 続きを読む>>

ダフートとフィリップも練習始動

2017.7.22

ダフートとフィリップも練習始動

U-21ドイツ代表として、この夏のU-21 EUROで優勝したマフムート・“モー”・ダフートとマキシミリアン・フィリップが21日、ボルシア・ドルトムント加入後初めてチーム練習 続きを読む>>

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

2017.7.21

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

  ウカシュ・ピシュチェクがボルシア・ドルトムントにやって来て丸7年、気がつけばチーム内では年長者となり、当時のチームメートも数えるほどになった。しかし、その 続きを読む>>