ニュース

2017.12.3

ビュルキが8本のシュートをセーブ

ビュルキが8本のシュートをセーブ

バイヤー・レバークーゼンとのアウェー戦で、ボルシア・ドルトムントは今シーズン初めて、先制されてから勝ち点をもぎ取った。ベンデウがレッドカードで退場するまで、シュート数は10-1とレバークーゼンが圧倒していたが、その後はBVBが9-5と上回った。レバークーゼンは長い時間を1人少ない状態で戦ったものの、持てる力を出し切り、走行距離もBVBと変わらなかった。

 

心強い結果:レバークーゼンとのアウェーゲームの戦績は、ここ11試合で1敗のみとなった。

 

磁石:ヌリ・シャヒンは計141回ボールに触った。これはレバークーゼンで最もボールタッチ数の多かった3選手(ハベルツ 59、ブラント 59、ター 48)とほぼ同じ数字。BVBはシャヒンを入れて4選手が100タッチ以上を記録した(シュメルツァー 134、ゲレイロ 115、スボティッチ 107)。

 

トップGK:ロマン・ビュルキは、BVBの同点ゴールが決まる直前、レバークーゼンがスコアを2-0とするチャンスだったフォラントのシュートを含め、8本のシュートをセーブ。2016年9月のボルフスブルク戦でつくった自己記録に並んだ。

 

アウェーゴール名人:アンドリー・ヤルモレンコはBVB加入後に挙げた5ゴールすべてをアウェーゲームで記録している(ブンデスリーガで3ゴール、UEFAチャンピオンズリーグとDFBポカールで1ゴールずつ)。

 

最速の交代:マキシミリアン・フィリップは、今シーズン、最も早く交代を余儀なくされた選手となった。

 

【関連記事】
1-1:レバークーゼンと価値あるドローで一歩前進

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

期待を抱かせる後半と2人の若手

2018.1.21

期待を抱かせる後半と2人の若手

ボルシア・ドルトムントは2018年に入ってからまだ波に乗れていない。ベルリンで試合終了のホイッスルが鳴り響いたあと、監督も選手たちも一様に、ブンデスリーガ再開からの2試合連続 続きを読む>>

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

2018.1.20

「最後の35分間は内容がとてもよかった」

「何かがあと少し足りない。特にペナルティーエリア内でね」。ヘルタBSC戦後にBVBtotal!のインタビューに応じたアンドレ・シュールレは、 続きを読む>>

「後半は内容がだいぶ改善された」

2018.1.20

「後半は内容がだいぶ改善された」

ベルリンでのヘルタ戦を 続きを読む>>