ニュース

2019.10.3

ビュルキが7セーブ、ハキミは欧州初ゴール

ビュルキが7セーブ、ハキミは欧州初ゴール

スラビア・プラハにアウェーで2-0と勝利したことにより、ボルシア・ドルトムントのチェコ首都での戦績は4試合連続の無敗無失点となった。UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグ最初のアウェー戦で勝利を収めたのは2シーズン連続。その他、この試合のデータをまとめた。

 

頼れる守護神:ロマン・ビュルキは7本のセーブを記録し、チームのチャンピオンズリーグ2試合連続失点に貢献。第1節はホームでFCバルセロナと対戦し、0-0で引き分けている。

 

打ち合い:試合が始まって最初の3本のシュートを打ったのはBVBだったが、その後はスラビアがペースをつかんだ。前半のシュート数はホームチームが6本、BVBが4本。後半はBVBの6本(うち2本は終盤)に対し、スラビアが倍近い11本を記録した。

 

ボール支配率は互角:スラビアが51%、BVBが53%。

 

走行距離:両チーム合わせて246キロメートルを記録(スラビアが128キロ、BVBが119キロ)。

 

節目の記録:マルコ・ロイスはBVBで公式戦通算250試合目の出場を果たした。

 

欧州カップ戦初ゴール:アシュラフ・ハキミはチャンピオンズリーグで9試合目の出場にして初ゴールを含め2ゴールをマーク。

 

力強い記録:BVBはチェコスロバキア時代を含めたチェコ勢とのアウェー戦で6試合無敗(4勝2分け)となった。チェコのクラブに唯一負けたのはホームでのこと。1963-64シーズンの欧州チャンピオンズカップで、ドゥクラ・プラハに1-3で屈した。ただこのときもアウェーでの第1戦は4-0で快勝している。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
「ようやく勝利することができた」
2-0:ハキミとビュルキの活躍でスラビアに快勝

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

2019.10.13

U-23、ホームでリップシュタットに不覚

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは1463人が観戦に訪れたシュタディオン・ローテエルデでSVリップシュタットと対戦。開始15分にジョセフ・ボヤンバのゴールで幸先よくリー 続きを読む>>

BVB、ハレでの極右テロを非難

2019.10.13

BVB、ハレでの極右テロを非難

ボルシア・ドルトムントは、ドイツのハレでユダヤ礼拝所を襲撃した極右テロリストへの非難を表明した。BVBは同事件の犠牲者とその遺族に深い哀悼の意を表するとともに、すべての負傷者 続きを読む>>

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

2019.10.12

ビツェルとアザールのベルギー代表がEURO予選突破

10日夜、ボルシア・ドルトムント所属のアクセル・ビツェルとトルガン・アザールがプレーするベルギー代表が、一番乗りでEURO 2020の本大会出場を確定。ダン=アクセル・ザガド 続きを読む>>