ニュース

2020.3.3

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.26

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.26

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形貴弘さんのブログ第26回を公開!

 

Vol.26 ジグナル・イドゥナ・パルクは人々の「拠りどころ」

 

今日は枠内シュートがわずか1本、、、

よく勝てたな(汗)

 

とにもかくにも大好きなサンチョがもたらしてくれた勝ち点3。

貴重な勝利だったと思います!

 

 

いつもは少し熱めの、そしてちょっと荒々しいDNAを感じさせる

“ドルトムントのブランディング”について語ってきましたが、

今日は一転、ちょっとほっこりする感じで書いてみようと思います。

 

昨年12月、ドルトムントを視察して訪れた

「ジグナル・イドゥナ・パルク」

 

 

試合前、VIPラウンジに入ることができました!

めっちゃラッキー!

 

 

本当に豪華だし、

ここでも黄色と黒のカラーリングでカッコ良さを演出。

 

そこで目にしたのはドルトムント幹部たちの

いい意味でラフな、リラックスした雰囲気。

 

普段はスーツ姿で、やさしい表情ながら眼光鋭いクラマーCMOも

思いっきり私服でご家族の方々と一緒に談笑。

いつもとはちょっと違う優しい表情でした!

(笑顔に癒されて写真撮るの忘れた、、、)

 

ふと周りを見渡してみると、

ドルトムントのユニフォームを着た人たちでいっぱい!

 

そしてみんな一様に、楽しそうに笑って話をしながら

お酒飲んで、おいしいご飯食べて。

 

あの荘厳なゴール裏、

強烈な圧を感じるチャントを歌う、

そんな激熱なドルトムントファンとは思えない

相反する雰囲気に驚きました!

 

 

なんでしょうか、、、

教会に集まる市民たちとでもいいましょうか、、、

 

サッカーを観に来ていることは間違いないんですが、

ファン同士、仲間同士に会いに来ている!

家族だったら、家族の団らんを楽しんでる!

 

なんかそんな場所のような、

ジグナル・イドゥナ・パルクは週一回、

もしくは隔週で「人々が集まる場所」。

そんな印象を強く受けたんです!

 

 

ドルトムントは毎年いい成績を残してはいるけど、

優勝にはなかなか手が届かない、、、

 

だけどファンが離れることがないのは

ファンがドルトムントのフィロソフィーに心の底から共感しているのと、

スタジアムが人々の憩いの場、

拠りどころになっているから、なんじゃないかな!

 

勝とうが負けようがスタジアムに行けばアイツに会える、

子どもたちと話ができる、夫婦で会話ができる!

ひょっとして勝敗は二の次なのかもしれない!

 

ドルトムントというフットボールクラブが創り出してくれた「空間」こそが

ファンにとって一番の価値! だと思いました!!!

 

 

そういえば、、、

日本人のお二人にもお会いした!

新婚旅行だったそう!

すごい幸せそうでした! おめでとうございます!!!!

 

 

今日も最後まで読んでくれてサンキューーーーーー!!!

 

【フライブルク戦ハイライト】

https://www.youtube.com/watch?v=oNXL0Q8A3yg

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ハキミ率いるBVBがホルシュタイン・キールに7-4で勝利

2020.4.5

ハキミ率いるBVBがホルシュタイン・キールに7-4で勝利

アクラフ・ハキミのテクニックが炸裂!モロッコ代表ディフェンダーはボルシア・ドルトムントの代表としてバーチャル大会『ブンデスリーガ・ホーム・チャレンジ』の第2戦でホルシュタイン 続きを読む>>

ジグナル・イドゥナ・パルクがコロナ治療センターに

2020.4.4

ジグナル・イドゥナ・パルクがコロナ治療センターに

ボルシア・ドルトムントは新型コロナウイルスとの戦いをサポートすべく、ドイツ最大のサッカースタジアムを提供する決断を下した。ジグナル・イドゥナ・パルクの北スタンドは4日以降、B 続きを読む>>

リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

2020.4.4

リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

現時点でお知らせすべきスポーツ関連ニュースはあまりないが、3月31日に開かれたドイツサッカーリーグ(DFL)の通常総会により、ブンデスリーガの出場可能年齢が2020-21シー 続きを読む>>