ニュース

2019.11.6

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.11

パンサー尾形のBVBブランドアンバサダーブログVol.11

BVBブランドアンバサダーを務めるパンサー尾形貴弘さんのブログ第11回を公開!

 

Vol.11 無敗の強敵に快勝!!!!

 

収録があって見れなかった試合!

さっきようやくチェックしたよ!

 

でもその前にびっくりのニュースが!

https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20191104/995069.html

 

えっ!?!?!?

前節大敗だったのね……。

 

今年は本当に大混戦!

全体的にレベルアップしてるんだろうなー。

バイエルンも悪くないと思う。厳しい世界だな…。

 

ボルフスブルクはカップ戦でライプツィヒに負けるまで公式戦13試合負けなし。

失点はったの5。リーグ戦負けなし。

 

ヨーロッパの主要リーグで負けなしなのは、

イングランドのリバプール、イタリアのユヴェントスだけ!

 

BVBは勝ち点16、ボルフスブルク17。

負けられない一戦だ!!!!

 

 

ちなみに11月2日はファブレ監督の誕生日!

おめでとうございます!!!!!

 

 

今日もキーパーはヒッツ!

ビュルキはケガ大丈夫みたいだけど、ヒッツで!

 

ビツェルを休ませてダフート。

サンチョも休ませてハキミ、サイドバックはラファエウ・ゲレイロね!

 

トップはブラント。

パコは控え。バイグルは一列前に、ボランチで!

 

こうやってみると層が厚い!

ここから週2試合ペースが続くし、中二日でCLインテル戦、連敗できないし、

次の週末はバイエルン戦でしょ!? うまく戦力のバランス見ながらやりくりだね!

 

試合開始からボルフスブルクの連動性が目立つなー!

みんなで守ってみんなで攻める感じ。

なんかやみくもじゃなくて、ちゃんと組織的というか……

負けてないのも、なんとなく分かるわーーー。

 

スペースがなくて攻めあぐんでたときに、

こういうときに結構あるんだよね……

 

 

ロイス様……軽傷であることを祈ってます!!

※ちなみにこのとき、レフェリーも交代! なんか体調不良だったみたい! 珍しい!!

 

 

「黄色の海」

みんな気が気でないはずだ……

前半は0-0で終了!

 

で、もう言っちゃうけどw(てゆーかタイトルでバレてるけどww)

後半はとことんBVBペース! 3点取って快勝しました!!

 

 

アザールが今シーズン初ゴール!!!!!

いつもがんばって走って、何度もチャレンジしてたから

時間の問題だと思ってたけど! 初ゴールよかった!!!!

 

 

続いてお気に入りのラファ! 今シーズン2ゴール目!

相変わらず左足の振り抜き方、かっこいいーーーー!!!!!

ゴールパフォーマンスもイケてるーーーー!!!!!!!!!

 

 

とどめはゲッツェ!! PKを冷静に決めてくれた!!!!

この人の活躍なしにBVBの優勝はないよーーーー! ありがとう! ゲッツェ!!!

 

 

ブンデス300試合出場のピシュチェク! 好きな選手!!!

「今日は我慢の試合だったけど、上位との直接対決で

しかもホームゲームだし、勝たなければいけない試合だった。勝ててよかったよ」

 

ターンオーバーで選手休ませて(ロイスが心配だけど……)

苦しい試合でも最後は自分たちのペースにして勝つ!!

 

いい試合だったな!!!

今日も読んでくれてサンキューーーーーー!!!!!!!!

 

 

ボルフスブルク戦ハイライト

https://soccer.skyperfectv.co.jp/movies/overseas/HuEUL0HL_hU/

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2019.11.14

【来日インタビュー】コレル「BVB時代はキャリアのハイライトの一つ」

2001年から2006年までボルシア・ドルトムントに在籍し、2002年のブンデスリーガ制覇に貢献したヤン・コレル氏が11月に初来日を果たした。BVBのアンバサダーとして日本で 続きを読む>>

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

2019.11.13

BVBレジェンドのヤン・コレルが来日!

ボルシア・ドルトムントのレジェンド、ヤン・コレル氏(46)が来日し、11月7日から11月9日まで日本で様々な活動を行った。   続きを読む>>

新しくてエキサイティングな冒険

2019.11.13

新しくてエキサイティングな冒険

マテウ・モレイは体格面で恵まれていないかもしれないが、類まれなサッカーの頭脳とセンスの持ち主だ。そして何よりも大切なことに、この世界で極めて高く評価される資質、つまり相手から 続きを読む>>