ニュース

2017.4.12

バルトラは腕と手を手術

バルトラは腕と手を手術

ボルシア・ドルトムントのDFマルク・バルトラは、BVBのチームバスに対する爆弾攻撃で腕の橈(とう)骨を骨折。さらに手から破片を取り除くため、11日夜に手術を受けた。

 

「僕らは皆ショックを受けていて、マルクのことを心配している」とキャプテンのマルセル・シュメルツァーは話し、「早く回復することを祈っている」と続けた。ブラック&イエロー陣営には「明日はマルクのためにプレーする」という雰囲気が広がっている。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
「ショックを鎮める努力をしなければ」
チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦は12日に順延
12日にスタジアムへ来られない方へ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

なおも残る課題を自覚

2017.9.24

なおも残る課題を自覚

3戦3勝、14得点1失点。依然として首位をキープし、後続との勝ち点差も拡大。ボルシア・ドルトムントにとっては、これ以上を望むことができない充実した1週間だった。先発を5人入れ 続きを読む>>

バイグル:「言葉にできない気分」

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。 続きを読む>>

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

2017.9.24

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

圧勝後とあって、喜びの雰囲気に包まれたBVB陣営。「失点して何度かカウンターを食らうまでは本当に良かった」とマリオ・ゲッツェは振り返った。ボルシア・メンヘングラッドバッハ戦後 続きを読む>>