ニュース

2017.4.12

バルトラは腕と手を手術

バルトラは腕と手を手術

ボルシア・ドルトムントのDFマルク・バルトラは、BVBのチームバスに対する爆弾攻撃で腕の橈(とう)骨を骨折。さらに手から破片を取り除くため、11日夜に手術を受けた。

 

「僕らは皆ショックを受けていて、マルクのことを心配している」とキャプテンのマルセル・シュメルツァーは話し、「早く回復することを祈っている」と続けた。ブラック&イエロー陣営には「明日はマルクのためにプレーする」という雰囲気が広がっている。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
「ショックを鎮める努力をしなければ」
チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦は12日に順延
12日にスタジアムへ来られない方へ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

2018.6.21

帝京大学がBVBと日本最初の学術研究パートナー契約を締結

ボルシア・ドルトムントは、日本の大学としては初のリージョナルパートナーとして、帝京大学と学術研究パートナー契約を締結した。   「自分流」という教育理念のもと、「実学」 続きを読む>>

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

2018.6.21

若手GKエリック・エルシュレーゲルを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、SVベルダー・ブレーメン所属のGKエリック・エルシュレーゲルと契約を結んだ。22歳のエルシュレーゲルは、ドイツ3部でプ 続きを読む>>

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

2018.6.21

「ロイヒテ・アウフ」がブッパータールの小児ホスピスを支援

ノルトライン=ベストファーレン州に存在する5つの小児ホスピスの1つであるブルゴルツ小児・青少年ホスピスでは、難病を抱える子供たちの家族が院内で一緒に時間を過ごし、ホスピスチー 続きを読む>>