ニュース

2017.4.12

バルトラは腕と手を手術

バルトラは腕と手を手術

ボルシア・ドルトムントのDFマルク・バルトラは、BVBのチームバスに対する爆弾攻撃で腕の橈(とう)骨を骨折。さらに手から破片を取り除くため、11日夜に手術を受けた。

 

「僕らは皆ショックを受けていて、マルクのことを心配している」とキャプテンのマルセル・シュメルツァーは話し、「早く回復することを祈っている」と続けた。ブラック&イエロー陣営には「明日はマルクのためにプレーする」という雰囲気が広がっている。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
「ショックを鎮める努力をしなければ」
チャンピオンズリーグ準々決勝第1戦は12日に順延
12日にスタジアムへ来られない方へ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

今一度、限界を超える戦いを

2017.4.29

今一度、限界を超える戦いを

ケルン戦は4月最後の9試合目、体力的にも精神的にもエネルギーを消耗した連戦の締めくくりとなる。トーマス・トゥヘル監督は29日のホームゲーム(日本時間22時30分キックオフ)を 続きを読む>>

ケルン戦の予想スタメン

2017.4.29

ケルン戦の予想スタメン

土曜日のブンデスリーガ第31節で、ボルシア・ドルトムントは1FCケルンをホームに迎える(日本時間29日22時30分キックオフ)。両チームの予想メンバーは以下の通り。 続きを読む>>

ホームではケルンに26年間負けなし

2017.4.29

ホームではケルンに26年間負けなし

ボルシア・ドルトムント対1FCケルン。古豪の2チームがブンデスリーガで通算84回目の対戦を迎える。BVBはかつてケルンを苦手としていたが、最近はお得意様となった。ケルンは多く 続きを読む>>