ニュース

2020.5.7

バツケCEOの声明

バツケCEOの声明

ドイツ・サッカーリーグ(DFL)の構想に基づくブンデスリーガ再開を認めたドイツ政府の決定について、ボルシア・ドルトムントのハンス・ヨアヒム・バツケCEOは次のような声明を発表した。

 

「ドイツの人々、そしてドルトムントと周辺地域の人々が、ここ数週間に日々の行動を厳しく律し、コロナウイルスの感染拡大を少なくとも抑え込めたことを非常に嬉しく思う。多くの方々の計り知れない尽力があったからこそ、別の形の日常を取り戻す方向へ少しずつ着実に進むことができている。

 

現在、多くの業界が厳格なルールに従いながら、ゆっくりと活動を再開し始めており、それはプロサッカー界も例外ではない。そういった文脈においても、我々ボルシア・ドルトムントに大きな責任があることを痛感している。リスクを完全に排除することはできないにせよ、選手とその家族に新たな感染が拡がることのないよう、クラブとして安全対策に最大限の力を注いでいく。

 

観客を入れずに試合を行うことは、とりわけBVBのような、サポーターの情熱が大きな力になっているクラブにとって、極めて大きなチャレンジと言える。しかし、スタジアムに観客が戻ってくるまでブンデスリーガを中断し続けることは、各クラブにとって財政面で現実的ではなかったに違いない」

 

【関連記事】
U-23とU-19の監督を入れ替え
一次検査で陽性反応ゼロ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ヘルタ戦の予想スタメン

2020.6.6

ヘルタ戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは6日夜のブンデスリーガ第30節でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバーは以下 続きを読む>>

チームも人種差別反対を表明

2020.6.5

チームも人種差別反対を表明

「我々、ボルシア・ドルトムントのチームは「Black Lives Matter(黒人の命も大事)」運動を全面的に支援する。我々はあらゆる種類の差別を受け入れない。そして引き続 続きを読む>>

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

2020.6.5

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

ボルシア・ドルトムントは現地時間6日夜、今シーズンラスト5試合の初戦でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。BVBスポーツディ 続きを読む>>