ニュース

2017.5.31

バツケCEOから全BVBファンへの公開書簡

バツケCEOから全BVBファンへの公開書簡

ハンス=ヨアヒム・バツケCEOが、ボルシア・ドルトムントのすべてのファンとクラブ会員宛てに公開書簡をしたため、「私は常に何よりもBVBのためを思ってきた」と書いた。

 

親愛なるクラブ会員の皆様およびボルシア・ドルトムントのファンの皆様

 

我々は言葉では説明のしにくい、数文ではとても振り返れないシーズンを終えたばかりです。我々に深い、深い影響を与えたシーズンでした。先週土曜日にベルリンで収めた最高の勝利によって最高潮に達したシーズンでしたが、説明が必要なことがいくつかあります。私が公開書簡で皆さんに直接語りかけるという、通常とらない手段を用いているのも、そのためです。

 

マッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリアンの喪失。若く驚異的な才能を持つ大勢の選手たちのチームへの統合。経験豊富なチームの主力として、この激動期に我々のプランの中核となるはずだった数選手の長期離脱。こういった苦難だけでも、十分に大変なシーズンでした。冬季中断期間直後にRBライプツィヒを迎えたホームゲームでのサポーターの衝突と、それに続く南スタンドの閉鎖は、我々にとって衝撃的な出来事でした。そしてチームに対する卑怯な爆破攻撃で、我々はモナコとのチャンピオンズリーグの試合を迎えるまでの間に、想像をはるかに超える経験をしました。加害者の狙いは、チームバスの乗員を殺害することでした。ボルシア・ドルトムントの歴史上、最大の奇跡、なおかつ最大の贈り物は、その日誰ひとりとして命を落とさなかったことです。このことに対する我々の感謝は実存的なものであり、タイトルを取れたことに対する感謝とは、はなから比べられないものです。

 

こういった状況を鑑みると、我々の競技成績は一層際立って見えます。2016-17シーズン、BVBは欧州カップ戦への出場権を8年連続で獲得しました(うち6回はチャンピオンズリーグ出場権)。シーズンの終わりに、ブンデスリーガで3位を確保しました。最終節ではベルダー・ブレーメンを相手にスリルあふれる勝利を収めました。DFBポカールでは4年連続で決勝進出を決め、大会記録をつくりました。そしてベルリンからポカールを持ち帰り、日曜日の優勝パレードで皆さんにお見せしました。街道に並ぶ25万人もの人々と一緒に勝利を祝えるというのは、誇らしくもあり、ありがたくもあります。我々は鳥肌が立ちました。この体験ができたことについて、皆さんにお礼を言わせてください!

 

この苦難の時期を乗り越える上で我々を支えてくれたクラブの1人1人に感謝したいと思います。もちろん、感謝と最大のリスペクトが向かう先は、何と言っても選手たちです。彼らはこの状況に打ちのめされることなく、毎回前よりも強くなってはい上がってきました。このチームは歴史をつくりました。しかし、これは言うまでもないことですが、トーマス・トゥヘル監督と彼のコーチングスタッフにも感謝しています!

 

それにもかかわらずボルシア・ドルトムントとトーマス・トゥヘル監督がたもとを分かつことになったという事実は、一部のファンによる批判と理解不足を招いています。役員会、クラブ委員会、およびKGaAに責任を負う我々は、この状況を理解できます。トーマス・トゥヘル監督の下、BVBは2シーズンにわたり成功を収め、サッカーでの目標を達成しました。しかしながら、我々、つまりスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクと私は、この協力し合うべき期間に、コーチ陣と常に意見が一致していたわけではありませんでした。リーダーとしての責任という面では、問題になるのは結果だけではありません。その意味では、ボルシア・ドルトムントは他のスポーツクラブや企業と何ら違いはありません。信頼や敬意、チームとして意思疎通をし合い協力する能力、言葉の確かさ、帰属意識という基本的な性質、そして信頼性や忠実な姿勢も問題になってきます。

 

残念ながら、信頼に基づく望ましい協力関係の基礎を現在のコーチング体制が今後提供してくれると、我々はもはや信じることができませんでした。それゆえ、率直な話し合いと度重なる議論の末、コーチングスタッフとの協力関係を2016-17シーズンの終了時を越えて延長しないのが最良の方策であるという最終決定に至りました。この共同決定は、クラブの全委員会およびKGaAに全会一致で支持されました。現段階においても今後も、これ以上の説明を行うことはできず、行う予定もないということを、ご理解いただきたいと思います。私がこのクラブに在籍した10年以上の間、信頼を守ることが常にリーダーシップの根幹にありました。

 

私にとっては大事なことなのではっきりとさせておきたいのですが、これは決して、2人の人物がビールやカードゲームを共に楽しめるかどうかといったことを軸に導き出された結論ではありません。そのように物事を矮小に捉えてしまっては、無責任でダメな意思決定者となってしまいます。私はクラブの人事決定者とチームの監督が必ずしも親友同士でなければならないとは考えていません。我々、特に私とミヒャエル・ツォルクはユルゲン・クロップ前監督と非常に特別な人間関係を築きましたが、そのときの関係性を基準にしてトーマス・トゥヘル監督との協力関係を判断しようと考えたことはありませんし、将来のBVBの監督たちについてもそうするつもりはありません。

 

もう1つ、明確にしておきたいのは、ボルシア・ドルトムントの責任者としての立場から、私は常に何よりもBVBのためを思ってきた、ということです。それはミヒャエル・ツォルク、トーマス・トレース、ラインハルト・ラウバル会長、そして全委員会のメンバーも同じです。ボルシア・ドルトムントは経営破たんの一歩手前までいった2004-05シーズンの過ちから学んできました。我々は自分たちの行動を厳しく分析してきましたし、クラブより大事なものがあると考えている者も、ボルシア・ドルトムントの利益より個人的な虚栄心のほうが上だと考えている者も、ここにはいません。

 

親愛なるクラブ会員、そしてボルシア・ドルトムントのファンの皆様は、つらい日々を過ごしたこの数カ月の間も、無条件のサポートでクラブを支えてくださいました。そのことについて、ここに改めてお礼を申し上げます。最後にミヒャエル・ツォルクと私、そしてボルシア・ドルトムントでクラブとしての責任を負う立場にいるすべての人物に、これからも引き続き全幅の信頼を寄せてくださるようお願いいたします。皆様がここ数年、常にそうしてくださったように。

 

アキ・バツケより

 

【関連記事】
BVB、トゥヘル監督との契約を解除

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「焦りが出てしまった」

2017.10.18

「焦りが出てしまった」

アポエルFCと引き分けた試合の終了後、Skyのインタビューに応じたペーター・ボス監督とマルセル・シュメルツァーの表情は明らかに沈んでいた。両者とも得点チャンスが少なかったこと 続きを読む>>

「決定的なチャンスをつくれなかった」

2017.10.18

「決定的なチャンスをつくれなかった」

ユリアン・バイグルとクリスティアン・プリシッチは、アポエルFCとのアウェー戦を1-1のドローで終えたあと、いずれも反省を口にした。バイグルは「決定的なチャンスをつくれなかった 続きを読む>>

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

2017.10.18

1-1:ソクラティスのゴールで追いつくも初勝利ならず

ボルシア・ドルトムントはアポエルFCと1-1(前半0-0)で引き分け、今季UEFAチャンピオンズリーグ初勝利はまたしてもお預けとなった。敵地キプロスのニコシアで臨んだ第3節で 続きを読む>>