ニュース

2017.5.10

バイデンフェラーとの契約を2018年まで延長

バイデンフェラーとの契約を2018年まで延長

ロマン・バイデンフェラーが、少なくともあと1年は引き続きボルシア・ドルトムントの選手としてプレーすることになった!DFBポカールファイナリストのBVBは9日、クラブ最年長のバイデンフェラーとの契約を2018年6月30日まで1年間延長した。

 

今年の8月で37歳になるキーパーがドルトムントにやって来たのは2002年で、BVBに最も長く在籍している選手となっている。「自分のクラブとの契約をもう1年間延長することを、よく考えて決めた。今後もロマン・ビュルキの成長を支えるとともに、若いキーパーの育成で力になりたい。2017-18シーズンの末まで、クラブと喜怒哀楽を共にしていく。その手始めに、5月27日にベルリンで勝利を収めたいね」とベテランGKはコメントした。

 

DFBポカール2回戦でのウニオン・ベルリンとのPK戦でバイデンフェラーが活躍していなければ、BVBは今月末に開催されるその決勝までたどり着けなかっただろう。

 

 

2014年夏にドイツ代表としてブラジルでワールドカップ優勝を経験したバイデンフェラーは、約15年にわたりBVBでプレーしてきた。今やずば抜けてチームの最年長選手であり、クラブの歴代出場ランキングで2位につけている。

 

「ロマン・バイデンフェラーは豊富な経験でクラブに恩恵を及すチームの模範であるだけでなく、今なおトップコンディションを保っている強いキーパーだ。彼がクラブにとって信頼できる存在であることは間違いない」。BVBのスポーツディレクターであるミヒャエル・ツォルクは、このように語った。「ロマンは10年以上にわたりBVBファミリーの不可欠な一部であり続けている。彼がもう1年BVBのゴールを守ってくれることを、我々は心から嬉しく思う。また、この強く、大事にされてしかるべき人物が引退後も別の形でこのクラブに関わってくれるよう、我々は可能な限りのことをしていくつもりだ」

 

バイデンフェラーは2002年夏に1FCカイザースラウテルンから加入。2011年にチームのブンデスリーガ優勝に貢献し、翌年にはリーグとカップの2冠達成を経験。また、チームと共に主要大会で7回の決勝進出を果たしている。

 

【関連記事】
「4度目の正直を!」
「バイエルンを倒しただけで満足していない」
マニ・ベンダーは神!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

リーグ史上最高の得失点差

2017.9.24

リーグ史上最高の得失点差

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガの過去55年間で最高の得失点差で首位をキープ。第6節終了時点で“プラス18”という得失点差を記録したチームは、過去に存在しない。 続きを読む>>

「見事なチームパフォーマンス」

2017.9.24

「見事なチームパフォーマンス」

ゴールを決めた選手たちはサポーターから惜しみない拍手を送られた。ただそれらの「ゴールにつながるプレーに絡んだ選手たち」も指揮官から称賛を受けた。「本当に見事なチームパフ 続きを読む>>

6-1:ボルシア対決に6-1で圧勝

2017.9.24

6-1:ボルシア対決に6-1で圧勝

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第6節でボルシア・メンヘングラットバッハに6-1(前半3-0)と圧勝し、今季5勝目を挙げて首位をキープした。ピエール=エメリク・オーバメ 続きを読む>>