ニュース

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。

 

それから約4カ月、22歳になったばかりのドイツ代表MFは1FCケルンを5-0で下した先週日曜日の試合に途中出場。そして土曜日のグラットバッハ戦では先発復帰を果たし、6-1の勝利に大きく貢献した。そのパフォーマンスはブランクをまったく感じさせず、1対1では75%の勝率を記録。105本のパスのうち98本を通し、成功率は93%に達した。

 

さらには、ほぼ完璧な復帰戦を締めくくる鮮やかなゴールもマーク。かつてのチームメート、ヨナス・ホフマンのクリアをカットしようとももでトラップしたボールを、鮮烈なボレーでゴール上隅に突き刺した。これはバイグルにとって、ブンデスリーガでは62試合目、そしてシュート通算17本目にして初めてのゴールだった。UEFAチャンピオンズリーグでは、昨年10月にリスボンで行われた試合でミドルシュートを決めている。

 

「ゴールを決めたあと南スタンドへ向かって走ったときは、言葉にできない気分だったよ」とバイグルは得点後を振り返る。「南スタンドの前でゴールを決めたいといつも思っていたから、嬉しくてしかたないよ。ああいう形でボールが来たから、ボレーを打つ以外に選択肢がなかった」

 

4カ月に及ぶ苦しいリハビリ生活も、これで少しは報われたことだろう。

 

【関連記事】
「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」
リーグ史上最高の得失点差
「見事なチームパフォーマンス」
6-1:ボルシア対決に圧勝!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

若手が躍動、アーヘンに4-0の快勝

2018.10.16

若手が躍動、アーヘンに4-0の快勝

代表戦によるリーグ中断期間にアレマニア・アーヘンとの親善試合に臨んだボルシア・ドルトムントは、主力を大勢欠きながらもアウェーで4-0と快勝。ドミニク・バナー、ベイハン・アメト 続きを読む>>

U-23が今季2敗目を喫す

2018.10.15

U-23が今季2敗目を喫す

ボルシア・ドルトムントU-23はレギオナルリーガ西部第13節で敵地に乗り込み、昇格組のSVリップシュタットに0-2で敗れた。   好天 続きを読む>>

トレーニング終了後にサイン会

2018.10.11

トレーニング終了後にサイン会

ボルシア・ドルトムントは次なる公式戦(10月20日、アウェーでのVfBシュツットガルト戦)に向けた調整の一環として、公開練習を行った。敵地シ 続きを読む>>