ニュース

2017.5.18

バイグルの足首の手術は成功

バイグルの足首の手術は成功

ボルシア・ドルトムントのドイツ代表ユリアン・バイグルが、13日のFCアウクスブルクとのアウェー戦で足首に負ったケガの手術を受け、無事に成功した。

 

手術を担当したのは、ドルトムント=ブラッケルにあるベストファーレン病院のカール=ハインツ・バウアー医師。復帰まで3~4カ月かかるものとみられている。

 

【関連記事】
バイグル負傷で「結果は二の次」
バイグルが長期離脱へ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

なおも残る課題を自覚

2017.9.24

なおも残る課題を自覚

3戦3勝、14得点1失点。依然として首位をキープし、後続との勝ち点差も拡大。ボルシア・ドルトムントにとっては、これ以上を望むことができない充実した1週間だった。先発を5人入れ 続きを読む>>

バイグル:「言葉にできない気分」

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。 続きを読む>>

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

2017.9.24

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

圧勝後とあって、喜びの雰囲気に包まれたBVB陣営。「失点して何度かカウンターを食らうまでは本当に良かった」とマリオ・ゲッツェは振り返った。ボルシア・メンヘングラッドバッハ戦後 続きを読む>>