ニュース

2017.3.25

バイグルが代表チームから離脱

バイグルが代表チームから離脱

ドイツ・サッカー協会(DFB)は、ボルシア・ドルトムントのユリアン・バイグルがアゼルバイジャン遠征に帯同しないことを発表した。21歳のMFは22日にジグナル・イドゥナ・パルクで行われたイングランドとの親善試合(1-0の勝利)で左太ももに打撲を負い、66分にエムレ・ジャンと交代していた。

 

イングランド戦で負傷したバイグル

 

バイグルは24日の午前中、カーメン=カイザーアオにあるドイツ代表チームの本部を離れた。「チームと一緒に来るより所属クラブに帰ったほうがいい」とチームマネージャーのオリバー・ビアホフ氏はコメントした。

 

「よくあるケガだけど痛みがひどいんだ」。バイグルは親善試合を終えたあとにそう話していた。BVBとしては1週間後に控えるシャルケとのダービーまでに回復してくれることを願うばかりだ。

 

ヌリ・シャヒンとマルク・バルトラもそれぞれの代表メンバーから外れ、ドルトムントでの練習に戻った。これで現在、BVBから各国代表チームに行っている選手は全部で14名となった。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
ドイツ代表、相性のいいドルトムントで勝利
BVBの17選手が各国代表へ

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ダフートとフィリップも練習始動

2017.7.22

ダフートとフィリップも練習始動

U-21ドイツ代表として、この夏のU-21 EUROで優勝したマフムート・“モー”・ダフートとマキシミリアン・フィリップが21日、ボルシア・ドルトムント加入後初めてチーム練習 続きを読む>>

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

2017.7.21

【ピシュチェク インタビュー】「目指しているのはチームの力になること」

  ウカシュ・ピシュチェクがボルシア・ドルトムントにやって来て丸7年、気がつけばチーム内では年長者となり、当時のチームメートも数えるほどになった。しかし、その 続きを読む>>

BVBに極めて厳しい処分

2017.7.21

BVBに極めて厳しい処分

ドイツ・サッカー協会(DFB)は一部のファンによる悪行を理由に、DFBポカール王者のボルシア・ドルトムントに対して極めて厳しい処分を下した。執行猶予付きながらも、ブンデスリー 続きを読む>>