ニュース

2020.1.1

バイグルがポルトガルへ

バイグルがポルトガルへ

ボルシア・ドルトムントはユリアン・バイグルの願いを聞き入れ、ポルトガルのSLベンフィカへの移籍を許可した。

 

「ユリアンが移籍希望を申し出たため、これまでのクラブへの尽力も考えて合意した」とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは説明した。「彼の今後の活躍を心から祈っている」

 

バイグルは2015年夏、19歳でTSV 1860ミュンヘンからBVBに加入。ブンデスリーガで初出場を果たしたその同じ年にドイツ代表でもデビューし、2016年の欧州選手権でも本大会の出場メンバーに選出された。BVBでは公式戦通算171試合に出場し、4ゴールを記録。クラブとの契約は1年半残っていた。

 

「この素晴らしいクラブで最高の時間が過ごせたことをチームメート、クラブの職員、そしてすべてのファンに感謝したい。ボルシア・ドルトムントのことは一生、僕の心に残り続けるだろう」。24歳のミッドフィルダーはそう別れの言葉を残した。

 

メディカルチェックで問題がなければ移籍手続きとなる。

 

【関連記事】
バリオスがファンの質問に回答
ラシュル:「毎日が勉強!」
若手FWホーランドを獲得

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2020.8.9

5年前:大盛況に終わった日本訪問

2015年7月6日、ボルシア・ドルトムントが東京に降り立った。羽田空港では約1000人のファンがチームを熱烈に出迎え、選手たちもサインや写真撮影などのファンサービスに応じた。 続きを読む>>

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

2020.8.9

トーマス・ムニエ「決して諦めない」

新戦力DFトーマス・ムニエは早くも練習でその高い集中力とエネルギッシュなチェイス、正確なタックルを見せている。ピッチ上の自らを働き者と形容す 続きを読む>>

トビアス・ラシュル:大舞台へ

2020.8.8

トビアス・ラシュル:大舞台へ

黒黄軍団の2019/20シーズン最初のゴールを決めた11か月後、トビアス・ラシュルは波乱に満ちたシーズン最後の交代選手としてピッチに立った。 続きを読む>>