ニュース

2020.1.1

バイグルがポルトガルへ

バイグルがポルトガルへ

ボルシア・ドルトムントはユリアン・バイグルの願いを聞き入れ、ポルトガルのSLベンフィカへの移籍を許可した。

 

「ユリアンが移籍希望を申し出たため、これまでのクラブへの尽力も考えて合意した」とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは説明した。「彼の今後の活躍を心から祈っている」

 

バイグルは2015年夏、19歳でTSV 1860ミュンヘンからBVBに加入。ブンデスリーガで初出場を果たしたその同じ年にドイツ代表でもデビューし、2016年の欧州選手権でも本大会の出場メンバーに選出された。BVBでは公式戦通算171試合に出場し、4ゴールを記録。クラブとの契約は1年半残っていた。

 

「この素晴らしいクラブで最高の時間が過ごせたことをチームメート、クラブの職員、そしてすべてのファンに感謝したい。ボルシア・ドルトムントのことは一生、僕の心に残り続けるだろう」。24歳のミッドフィルダーはそう別れの言葉を残した。

 

メディカルチェックで問題がなければ移籍手続きとなる。

 

【関連記事】
バリオスがファンの質問に回答
ラシュル:「毎日が勉強!」
若手FWホーランドを獲得

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「監督冥利に尽きる」

2020.1.23

「監督冥利に尽きる」

ブンデスリーガの2020年ホーム初戦に先立つ会見で、ボルシア・ドルトムントのルシアン・ファブレ監督が記者陣の質問に答えた。   続きを読む>>

500人超がファン代表者会合に参加

2020.1.22

500人超がファン代表者会合に参加

20日夜、すべての公式BVBファンクラブがジグナル・イドゥナ・パルクに集い、今シーズン2度目のファン代表者会合に出席した。260のファンクラグから、500人以上のBVBファン 続きを読む>>

いわてグルージャ盛岡がBVBのパートナーに

2020.1.21

いわてグルージャ盛岡がBVBのパートナーに

ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントは21日、日本のサッカークラブ、いわてグルージャ盛岡と3年間のパートナーシップ契約に合意した。   続きを読む>>