ニュース

2020.11.8

バイエルンに逆転を許し首位攻防戦に敗れる

バイエルンに逆転を許し首位攻防戦に敗れる

ボルシア・ドルトムントは7日、ジグナル・イドゥナ・パルクで行われたブンデスリーガ第7節で首位のバイエルン・ミュンヘンと対戦し2-3で敗れた。前半にロイスのゴールで先制したものの逆転を許し、ホーランドのゴールで反撃したが同点に追いつくことはできなかった。

 

勝てば首位に浮上できる王者バイエルンとの首位攻防戦で、ルシアン・ファブレ監督は前節ドッペルパックの活躍を見せながら終盤に負傷交代し水曜日のチャンピオンズリーグを回避したマッツ・フンメルスをスタメン起用。主将マルコ・ロイスも先発入りし、新型コロナウイルスから回復したエムレ・ジャンがベンチ入りした。

 

試合は立ち上がりから両チームが積極性を見せ、キックオフ後すぐにバイエルンがゴールに迫ったかと思えば、BVBもホーランドが突破を試みヴィツェルが思い切ったシュートを放つなど、オープンな展開となる。

 

21分にはカウンターのチャンスにディレイニーがレイナに的確なロングパスを送り2対2の状況を作り出すと、ラストパスに反応したホーランドが左足でシュートを放ったが、惜しくもゴールの右に外れた。するとその3分後、今度はバイエルンが左サイドからのクロスにレヴァンドフスキが合わせてゴールネットを揺らす。先制点を許したかと思われたが、VARがオフサイドを確認してノーゴールと判定され、BVBは均衡を保った。

 

両チーム無得点のままハーフタイムが近づいた45分、遂にスコアが動く。サンチョから左サイドの深い位置でパスを受けたゲレイロがゴール前へクロスを送ると、フリーになっていたロイスが素早くシュートを突き刺しBVBに先制点をもたらした。

 

そのまま前半を終えたかったところだが、バイエルンはアディショナルタイムにフリーキックのチャンスを得るとボールをずらしてアラバが力強いシュート。これがムニエに当たってゴールネットを揺らし、アウェイチームがすぐに同点に追いついた。さらに後半立ち上がりの48分には左サイドからのクロスに合わせたレヴァンドフスキのヘディングシュートがゴールネットに吸い込まれ、逆転を許してしまった。

 

同点に追いつきたいBVBはホーランドやレイナがたびたび単独突破でゴールに迫ったが、バイエルン守備陣の体を張ったディフェンスやノイアーのファインセーブもあり得点を奪うには至らない。そして80分にカウンターを許すと、ドリブルでボールを持ちこんだサネにシュートを決められリードを2点に広げられた。

 

それでも83分にはゲレイロの浮き球のパスに反応したホーランドが抜け出し、ノイアーをかわしてシュートを流し込んで再び1点差としたが同点に追いつくことはできず。優勝を争うライバルに敗れ、首位奪還はならなかった。


ボルシア・ドルトムント:ビュルキ、ムニエ、アカンジ、フンメルス、ゲレイロ、ヴィツェル、ディレイニー (ベリンガム 60)、サンチョ (アザール 69)、ロイス、レイナ (ブラント 69)、ホーランド

サブ:ヒッツ、モレイ、ダフート、ジャン、ピシュチェク、パスラック

 

バイエルン・ミュンヘン:ノイアー、サール、ボアテング (マルティネス 69)、アラバ、エルナンデス、キミッヒ (トリッソ 36)、ゴレツカ、コマン (サネ 69)、ミュラー、ニャブリ、レヴァンドフスキ

 

得点:1-0 ロイス (ゲレイロ 45)、1-1 アラバ (ミュラー 45+4)、1-2 レヴァンドフスキ (エルナンデス 48)、1-3 サネ (レヴァンドフスキ 80)、2-3 ホーランド (ゲレイロ 83)

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ヘイニエルが新型コロナウイルス陽性

2020.11.24

ヘイニエルが新型コロナウイルス陽性

ボルシア・ドルトムントMFヘイニエルが検査の結果、新型コロナウイルス陽性と判定されました。 続きを読む>>

クラブ・ブルッヘ戦の予想スタメン

2020.11.23

クラブ・ブルッヘ戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは24日、UEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第4節でクラブ・ブルッヘと対戦する。両チームの予 続きを読む>>

ブラック&イエロー・ウィークエンドがやって来る!

2020.11.23

ブラック&イエロー・ウィークエンドがやって来る!

今週末、BVBがファンの皆さんに今年最大のショッピングイベントをお届けします。11月27日から30日まで、オン 続きを読む>>