ボルシア・ドルトムントカード 新規会員募集中 BVBプレミアムグッズをプレゼント!
ニュース

2016.11.7

ハンブルクで魅惑のオーバ劇場

ハンブルクで魅惑のオーバ劇場

BVBファンにとって忘れられない試合というのがいくつかある。たいていは決勝の大一番や残留を懸けた試合、あるいは伝統のダービーだが、リーグ戦の単なる1試合が記憶にとどまり続ける場合もある。先週土曜日のハンブルガーSV戦も、ピエール=エメリク・オーバメヤンのおかげでその1つとなった。

 

試合後、オーバメヤンはドレッシングルームでチームメートのウスマヌ・デンベレ、アドリアン・ラモス、エムレ・モルに囲まれ、『不思議の国のアリス』に出てくるチェシャ猫のように笑っていた。その手には試合球。ハットトリックを決めると、いつも息子のカーティス君のために持ち帰っている。ハンブルク戦で決めたのは3ゴールでなく、4ゴールだった。「僕にとって初めてのことだよ」と殊勲のヒーローは試合後に語った。ガボン代表の27歳にとって特別な試合となった。魅惑の試合と言ってもいい。というのも、単なるハットトリックでなく“完璧なハットトリック”(ルーペンライナー・ハットトリック)だったからだ。ドイツでは、1選手が前半または後半に、ほかの選手のゴールを挟むことなく連続して3得点すると、こう呼ばれている。

 

 

ツォルク、レバンドフスキに肩を並べる

 

ハンブルク戦の2ゴールでケルンのモデステに並び、ブンデスリーガの得点王争いでトップタイに立ったオーバメヤンだが、同じ週に問題を起こしていた。メディアでも騒がれた規律違反により、UEFAチャンピオンズリーグのスポルティング戦の直前にチームから外されてしまった。だが、監督とチームに対してしっかり謝罪したことで、次戦への参加を認められた。トーマス・トゥヘル監督は、今度はその活躍に感謝している。「1試合4ゴールは期待をはるかに上回っていたね。トップクラスのストライカーでもなかなかできることではない。我々が目標を達成するためにもオーバは必要不可欠な存在であり、それはこれまでも今後も一切変わらない」

 

指揮官がエースの発奮に期待していたのは間違いない。序盤に先制点を奪ってトゥヘル監督のもとに駆け寄ったオーバメヤンは、「あと2点取ってこい」と耳打ちされたそうだ。すると、この要求に応えるばかりか、1ゴール余分に積み増した。これにより、オーバメヤンはBVBで1試合4ゴールの偉業を成し遂げた数少ない選手の仲間入りを果たした。直近ではロベルト・レバンドフスキが2013年のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝でレアル・マドリーを相手に記録。そして現在スポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルクも、28年以上前の1988年5月にバイヤー05ウアーディンゲンから4点を奪っている。

 

 

最高の試合になる予感

 

「1点か2点はHSVの守備のミスのおかげとも言える」。試合後、ツォルクはこう述べた。そうかもしれないが、それでもゴールを狙える場所にいなければ点は取れない。オーバメヤンには5ゴール目のチャンスさえあったし、デンベレのアシストもした。ストライカーなら誰しもキャリアの間に1度はやってみたいと思う試合をし、なおかつブンデスリーガで40日以上勝っていなかったチームにかかるプレッシャーを和らげてみせた。久々に勝ち点3を獲得したBVBは、リーグ中断期間に入る前に再び上位を狙える位置につけた。加えて、ハンブルクに対する天敵意識も解消。この10年間、ハンブルクのホームでは1度しか勝てていなかった。奇しくも、2012年1月に収めたその1勝も、5ゴールを奪って手にしたものだった。このときはグロスクロイツが1点、ブワシュチコフスキとレバンドフスキが2点ずつを決めている。

 

リーグ再開後、オーバメヤンはFCバイエルン・ミュンヘンとのビッグマッチでレバンドフスキに直接挑むことになる。バイエルンはBVBと6ポイント差で首位に立っているものの、決して好調ではなく、5日の試合でもホッフェンハイムと1-1で引き分けた。「最高の試合になるだろうね。勝つことができれば、タイトルの可能性が一気に再燃するよ」とオーバメヤンは試合を待ちきれない様子だ。「しっかり備えないとね」

 

文:デニス=ユリアン・ゴッチュリヒ

 

 

【関連記事】
「チームの皆に謝りたい」
BVB史上8人目の“完璧なハットトリック”
「今日は絶対に勝たなければいけなかった!」
オーバメヤン:「1試合4ゴールは初めて」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

『BVB World』Episode18

2016.12.2

『BVB World』Episode18

ボルシア・ドルトムントが選手インタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。今回はEpisode18を公開する。 &nbs 続きを読む>>

『BVB World』Episode16

2016.12.2

『BVB World』Episode16

ボルシア・ドルトムントが選手インタビューやマッチハイライト、クラブヒストリーを収録してお届けしているクラブ公式動画『BVB World』。今回はEpisode16を公開する。 &nbs 続きを読む>>

パーダーボルンとエアフルトで親善試合

2016.12.2

パーダーボルンとエアフルトで親善試合

ボルシア・ドルトムントはブレーメンと対戦する2017年最初の試合(1月21日)の前と直後に親善試合を戦う。1月17日(火)にはSCパーダーボルン、1月22日(日)にはロート= 続きを読む>>