ニュース

2019.4.2

ハキミのシーズンは終了

ハキミのシーズンは終了

ボルシア・ドルトムントの完璧な週末は、新たな故障者のニュースで水を差された。モロッコ代表のSBアシュラフ・ハキミが中足骨を骨折し、シーズン残りの全試合を欠場する見込みとなった。同じくディフェンダーのアブドゥ・ディアロも負傷したが、こちらはハキミよりは短期間の離脱で済みそうだ。

 

ハキミは2-0で勝利した30日のVfLボルフスブルク戦で、負傷したディアロに代わって途中出場。しかし24分後、自らも足を痛めてベンチに下がっていた。ハキミはマドリードで手術を受ける。

 

センターバックのディアロは筋肉系の負傷。当面戦列を離れることになるが、復帰までどのくらいかかるかはまだわかっていない。

 

【関連記事】
あきらめずに戦い、最後に勝利をつかみ取れ!
土壇場に強いパコとボルフスブルク戦での新記録
2-0:アルカセルの土壇場2発で首位復帰!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「とても効率的だった」

2019.4.22

「とても効率的だった」

敵地でSCフライブルクを 続きを読む>>

アルカセルにPKを譲った理由とは

2019.4.22

アルカセルにPKを譲った理由とは

マルコ・ロイスはBVB TVの取材でパコ・アルカセルにPKを譲った理由を明かした。一方、トーマス・ディレイニーは無失点での勝利を喜んだ。   続きを読む>>

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

2019.4.22

バイエルンとブレーメンの記録に並ぶ

ボルシア・ドルトムントは前後半の最初の枠内シュートで得点するなど、フライブルクで4-0と快勝した。アウェーゲームでは昨年10月のシュツットガルト戦(同じく4-0)以来となる大 続きを読む>>