ニュース

2017.9.3

ノルベルト・ディッケル:マイクを持ったヒーロー

ノルベルト・ディッケル:マイクを持ったヒーロー

過去最高の売上高を記録し、2連勝と最高の開幕スタートを切り、何人かの選手の入団や退団があった8月最後の週、ボルシア・ドルトムントではもう一つ、大事なニュースがあった。BVBの元ストライカーであり、“ベルリンのヒーロー”と呼ばれたノルベルト・ディッケルが、スタジアムアナウンサーになって25周年を迎えたのだ。

 

 

1989年12月15日の金曜日、デュッセルドルフにあるラインシュタディオンの雨の夜、ディッケルは現役を引退した。ラストゲームとなったそのフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦で、ディッケルは土壇場の90分にクラブ通算50ゴール目をマーク。チームを1-1の引き分けに導くという最高のフィナーレを飾った。

 

BVBで通算108試合50ゴールを記録したディッケルの名は、その後、クラブの黄金時代初期の代名詞となった。

 

1986年、プレーオフを経て辛うじて降格を逃れたBVBは、1FCケルンからディッケルを、ボルシア・メンヘングラットバッハからフランク・ミルを獲得して前線を補強した。すると翌年にはブンデスリーガを4位で終了。そして1989年6月24日、ベルダー・ブレーメンを4-1で下し、DFBポカールのタイトルを獲得した。6週間ぶりの戦列復帰だったディッケルは、同点ゴールを決めたのち、スコアを3-1とする追加点も挙げた。

 

ただ残念ながら、彼はひざに問題を抱えていた。リハビリがうまくいかず、あちこちの専門医を訪ねて回ったが、結局あと6試合に出場したのち、1989年12月15日に50ゴール目を挙げて現役を退いた。

 

 

短期間、ベルトコンベヤーや作り付けキッチンの部品のセールスマンをしたのち、スポーツ用品メーカーに就職したディッケルは、1992年8月22日にBVBで2度目のキャリアをスタートさせる。ブルーノ・“ギュンナ”・クヌーストのあとを引き継いでスタジアムアナウンサーになると、すぐに大きな人気を博した。BVBにとってディッケルは、唯一無二のカルト的な存在だ。ホームゲームでは、「ノルベルト、ノルベルト、ノルベルト・ディッケル、誰もが知っているベルリンのヒーロー」のチャントが鳴り響く。これは今や南スタンドの恒例となっており、ブンデスリーガの試合だけで425回を数える。50代半ばになったディッケルだが、いまだ選手の名前をアナウンスする声は衰えていない。「続いてボルシア・ドルトムントのメンバーを紹介します!」と彼は叫ぶ。「ゴールキーパー、背番号38番ロマン…」

 

そのディッケルが最近、スタジアムアナウンサーとなって25周年を迎えた。今までに仕事を休んだのは、ひどい風邪を引いたときの1回だけだ。「この仕事に就けたことを今も名誉に思っている」とディッケルは話す。「試合前はいつも緊張するよ「。初めてアナウンスした日と同じようにね」。26日のヘルタBSCとのホームゲームで、試合前にラインハルト・ラウバル会長がこの偉業をたたえ、ファンもディッケルに大きな拍手を送った。

 

ディッケルの仕事はホームゲームが行われる日の一連の業務にとどまらない。1992年に彼がスタジアムアナウンサーとしての仕事をスタートしたとき、ドイツには“マーケティング”という概念がまだなかった。しかし“ノビー”はすぐにその重要性に気づき、スポンサーを探してつながりを広めていった。「スタジアムアナウンサーは私の仕事のほんの一部に過ぎない」とBVB.totalに話したディッケルは、アウェー戦でクラブのスポークスマンを務めることも多く、18年前からはBVBのネットラジオで実況も担当している。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
1989年:11人目の選手がBVBに勝利をもたらした
決勝の大舞台で2ゴールを挙げた2人の英雄

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

2017.9.21

記録ラッシュ – 「誰もがそれぞれやるべきことを理解」

新たな監督、新たなシステム、新たに加入した選手、新たな負傷者 ―― 開幕当初のボルシア・ドルトムントは多くの不安要素を抱えていた。しかし蓋を開けてみれば、この5試合でいくつも 続きを読む>>

750勝、3000ゴール、5試合無失点

2017.9.21

750勝、3000ゴール、5試合無失点

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガで開幕からの4試合、少なくとも63%のボール支配率を記録してきたが、20日夜にフォルクスパルクシュタディオンで行われたハンブルク戦では5 続きを読む>>

U-23チームは初黒星で首位陥落

2017.9.21

U-23チームは初黒星で首位陥落

ボルシア・ドルトムントのU-23チームは今シーズン初黒星を喫した。BVBはアレマニア・アーヘンとのホームゲームを0-2で落とし、レギオナルリーガ西部で首位陥落。ヤン・ジーベル 続きを読む>>