ニュース

2019.5.21

ニコ・シュルツを獲得

ニコ・シュルツを獲得

ドイツで8度のリーグ優勝を誇るボルシア・ドルトムントは、2019-20シーズンに向けて同じブンデスリーガのTSGホッフェンハイムからニコ・シュルツ(26)を獲得。契約は2024年6月30日までとなる。

 

「ニコ・シュルツはこの数年で大きく成長を遂げたディフェンダー。ドイツ代表チームでも発揮しているフィジカルの強さとスピード、躍動感あふれるプレーをもたらしてくれるだろう。彼のような闘争心と成功への野心を持った選手なら、どのチームでも活躍できるはずだ」とスポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは話した。

 

シュルツはベルリン生まれで、トップスピードは時速35キロという昨季ブンデスリーガにおける最速プレーヤーの1人。2018-19シーズンは、1ゴール6アシストと計7ゴールに絡んだ。ルシアン・ファブレ監督とは旧知の仲であり、ボルシア・メンヘングラットバッハ時代に指導を受けた経験がある。

 

今回の契約に関するシュルツ本人のコメントは以下の通り。「ボルシア・ドルトムントはトップクラブの1つであり、僕のプレースタイルに合うサッカーをする。きっとチームの力になれるだろう。クラブと共に偉大なことを成し遂げられると思う」

 

契約の詳細については公表しないことで両クラブとも合意している。

 

【関連記事】
「チームを心から誇りに思う」
「とても満足できるシーズン」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「多くの収穫が得られた後半」

2019.9.18

「多くの収穫が得られた後半」

FCバルセロナと 続きを読む>>

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

2019.9.18

「どれだけ力強く戦えるかを示した」

バルセロナ戦の試合後、Skyのインタビューに応じたマルコ・ロイスは、自らのPK失敗を悔やみ、その他多くの好機を逃してしまったことにも不満を示した。マッツ・フンメルスも同意見だ 続きを読む>>

フンメルスがタックルで全勝

2019.9.18

フンメルスがタックルで全勝

ボルシア・ドルトムントはFCバルセロナのゴールに14本のシュートを浴びせたが、GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの前に沈黙。マッツ・フンメルスはUEFAチャンピオンズリ 続きを読む>>