ニュース

2020.5.9

ナムディ・コリンズとの契約を延長

ナムディ・コリンズとの契約を延長

ボルシア・ドルトムントはドイツの若手有望株の一人、U-17チームのナムディ・コリンズとの契約を2023年まで延長した。

 

コリンズは2016年からブラック&イエローに所属する16歳のディフェンダーだが、今シーズンはすでにU-17ブンデスリーガ(ドイツBジュニア)でプレー。年齢的にはあと1年、U-17でプレー可能だが、来シーズンはU-19ブンデスリーガ(ドイツAジュニア)の試合に出ることになるだろう。今回の契約延長について、ユースコーディネーターのラース・リッケンは、「ナムディという、ドイツのユースサッカー界が誇る逸材を長く手元に置けることになり、とても嬉しい」とコメント。スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは、「ナムディのことは徐々にプロチームのほうへ押し上げていくようにし、成長する時間を与えたい」と話した。

 

コリンズ自身もドルトムントで待ち受ける自らの未来に期待を抱いている。「12歳からBVBにいて、クラブにはものすごくお世話になっている。目標はBVBでプロ選手になり、いつか南スタンドの前でプレーすること。ここまで僕をサポートしてくれたすべてのコーチ、家族、アドバイザーに心から感謝している。BVBで過ごすこれからの日々が楽しみだよ」

 

【関連記事】
U-23とU-19の監督を入れ替え
リッケン、年齢制限とユース組の現活動内容を語る

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

ヘルタ戦の予想スタメン

2020.6.6

ヘルタ戦の予想スタメン

ボルシア・ドルトムントは6日夜のブンデスリーガ第30節でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。両チームの予想先発メンバーは以下 続きを読む>>

チームも人種差別反対を表明

2020.6.5

チームも人種差別反対を表明

「我々、ボルシア・ドルトムントのチームは「Black Lives Matter(黒人の命も大事)」運動を全面的に支援する。我々はあらゆる種類の差別を受け入れない。そして引き続 続きを読む>>

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

2020.6.5

フンメルス不在、ホーランドは出場に望み

ボルシア・ドルトムントは現地時間6日夜、今シーズンラスト5試合の初戦でヘルタBSCをジグナル・イドゥナ・パルクに迎える(日本時間7日1時30分キックオフ)。BVBスポーツディ 続きを読む>>