ニュース

2016.10.15

ドルトムントがイングランドとの“クラシカー”の舞台に

ドルトムントがイングランドとの“クラシカー”の舞台に

ドイツ代表チームは来年の初戦となる2017年3月22日のイングランドとの親善試合を、ジグナル・イドゥナ・パルクで戦うことになった(日本時間23日午前4時45分キックオフ)。この“クラシカー”の4日後、ヨアヒム・レーブ監督率いるチームはバクーに乗り込み、2018年FIFAワールドカップ予選のアゼルバイジャン戦に臨む。

 

「この伝統の一戦が、この極めて歴史豊かな場所で行われることを嬉しく思う」。ドイツ・サッカー協会(DFB)の理事会による決定のあと、BVBのハンス=ヨアヒム・バツケCEOはこのようにコメントした。

 

ゲッツェはなじみのスタジアムでイングランドと戦う

 

DFBのラインハルト・グインデル会長は次のように語った。「2017年の代表戦が伝統に満ちたビッグゲームで幕を開けることを、ファンは心待ちにできる。加えてこの機会に、この対戦の偉大な歴史について、ドルトムントにあるドイツ・サッカー博物館のウェンブリー特別展で知ってもらうことができる」

 

代表チームコーディネーターのオリバー・ビアホフ氏はこう付け加えた。「イングランド戦は常に特別な試合。こういう対戦はファンの記憶を自然と呼び覚まし、期待を高める」

 

イングランドとの代表戦のチケットは間もなくdfb.deで発売される。価格は25ユーロから。

 

【関連記事】
今週金曜にも来場者数4000万人を突破

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

なおも残る課題を自覚

2017.9.24

なおも残る課題を自覚

3戦3勝、14得点1失点。依然として首位をキープし、後続との勝ち点差も拡大。ボルシア・ドルトムントにとっては、これ以上を望むことができない充実した1週間だった。先発を5人入れ 続きを読む>>

バイグル:「言葉にできない気分」

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。 続きを読む>>

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

2017.9.24

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

圧勝後とあって、喜びの雰囲気に包まれたBVB陣営。「失点して何度かカウンターを食らうまでは本当に良かった」とマリオ・ゲッツェは振り返った。ボルシア・メンヘングラッドバッハ戦後 続きを読む>>