ニュース

2018.10.11

トレーニング終了後にサイン会

トレーニング終了後にサイン会

ボルシア・ドルトムントは次なる公式戦(10月20日、アウェーでのVfBシュツットガルト戦)に向けた調整の一環として、公開練習を行った。敵地シュツットガルトでの試合を皮切りに、BVBは22日間で7試合という過密日程に突入する。

 

この日は代表組の11選手が不在(GKロマン・ビュルキもそけい部の違和感でスイス代表から離脱)だったものの、長期離脱を余儀なくされていたDFエメル・トプラクが合流した。

 

まぶしい太陽が降り注ぐなか、公開練習に駆けつけたサポーターの熱意に報いるため、トレーニング終了後には全選手がサインと記念撮影に応じた。

 

文:ボリス・ルパート

 

 

 

 

 

【関連記事】
12選手が代表戦へ
ロイス、ケガでドイツ代表メンバーから離脱

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

「できれば残りの6ポイントも取りたい」

2018.12.16

「できれば残りの6ポイントも取りたい」

続きを読む>>

ロイス:役割も体の切れも最高

2018.12.16

ロイス:役割も体の切れも最高

先制点を決めたマルコ・ロイスは今季ブンデスリーガでのゴール・アシスト合計数を第15節終了時点で18に伸ばしただけでなく、ベルダー・ブレーメンと戦ったBVBを勝利への軌道に乗せ 続きを読む>>

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

2018.12.16

2-1:アルカセルとロイスが得点、強敵ブレーメンを下す

ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第15節でSVベルダー・ブレーメンにホームで、2-1(前半2-1)と競り勝ち、残り2試合の結果に関係なく首位で2019年を迎えることが確 続きを読む>>