ニュース

2017.9.12

トッテナムの対ドイツ勢ホーム無敗記録を止めたBVB

トッテナムの対ドイツ勢ホーム無敗記録を止めたBVB

トッテナム・ホットスパーFCは2016年3月17日まで、ドイツ勢をホームに迎えた計7試合で6勝1分けの無敗を維持していた。しかし敵地ホワイト・ハート・レーンで2-1と競り勝ち、この記録にピリオドを打ったのがボルシア・ドルトムントだ。両チームは13日に再び顔を合わせるものの、今回の舞台はウェンブリー・スタジアム。この試合の興味深いデータを以下にまとめた。

 

トッテナム
・ UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージを戦うのは2シーズン連続3回目。
・ 初めて出場した2010-11シーズンには準々決勝まで勝ち上がったが、2試合合計0-5でレアル・マドリーCFに屈した。2度目の昨シーズンはグループ3位でUEFAヨーロッパリーグに回り、ラウンド32でKAAヘントに2試合合計3-2で敗れている。
・ 2016-17シーズンのグループステージではホームで勝ち点3しか獲得できず。ASモナコFCに1-2、バイヤー04レバークーゼンに0-1で敗れたあと、第6節でPFC CSKAモスクワに3-1と快勝した。欧州カップ戦におけるその後のホームゲームは、ヘントと2-2で引き分けたUEFAヨーロッパリーグの一戦だけ。つまり欧州の舞台では、ホームの直近5試合で1勝しかしていない。
・ 改装後のウェンブリー・スタジアムでは計12試合を行い、チェルシーFCを倒した2008年のリーグカップ決勝、そしてCSKAを下した昨シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージの2勝にとどまる。

 

 

BVB
・ UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージを戦うのは通算12回目。ここ7シーズンでは6回目を数え、決勝トーナメントには4大会続けて勝ち進んでいる。
・ 昨年のグループステージ第1節ではレギア・ワルシャワに6-0の圧勝。このスコアは欧州カップ戦のアウェーゲームにおけるクラブ歴代最大得点差勝利となっている。ただしその後にマドリードで引き分けリスボンモナコで敗れたため、欧州のアウェーゲームでは3試合続けて勝利がない。
・ イングランドでの通算成績は4勝1分け6敗。


過去の対戦/両チームのつながり
・ 両チームが最後に対戦した2015-16シーズンのUEFAヨーロッパリーグ・ラウンド16では、2連勝したBVBが2試合合計5-1の勝利を収めた。ドルトムントで行われた第1戦では、ピエール=エメリク・オーバメヤンとマルコ・ロイス(2ゴール)がネットを揺らし3-0と快勝。ロンドンでの第2戦ではオーバメヤンが2ゴールを挙げ、トッテナムはソン・フンミンのゴールで1点を返すのが精いっぱいだった。
・ 両クラブに籍を置いた選手は2人。MFシュテファン・フロイントは1988年にBVBからトッテナムへ、DFイ・ヨンピョは2008年にトッテナムからBVBへ移籍した。

 

 

【関連記事】
シュメルツァー、再び足首の靭帯を部分断裂
気持ちを切り替え、トッテナム戦へ
フィリップ:「試合を分析して改善点を見つけないと」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

なおも残る課題を自覚

2017.9.24

なおも残る課題を自覚

3戦3勝、14得点1失点。依然として首位をキープし、後続との勝ち点差も拡大。ボルシア・ドルトムントにとっては、これ以上を望むことができない充実した1週間だった。先発を5人入れ 続きを読む>>

バイグル:「言葉にできない気分」

2017.9.24

バイグル:「言葉にできない気分」

2017年5月13日にアウクスブルクで行われた土曜午後の試合で、ユリアン・バイグルは足をひねった状態で倒され、その後の検査で足首の骨折と診断された。 続きを読む>>

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

2017.9.24

「幸いにもうちのゴールにはビュルキがいる」

圧勝後とあって、喜びの雰囲気に包まれたBVB陣営。「失点して何度かカウンターを食らうまでは本当に良かった」とマリオ・ゲッツェは振り返った。ボルシア・メンヘングラッドバッハ戦後 続きを読む>>