ニュース

2017.4.5

トゥヘル監督:「終始情熱的に戦った」

トゥヘル監督:「終始情熱的に戦った」

ハンブルクを3-0で下したホームゲームについて、トーマス・トゥヘル監督は評価をしかねる様子だった。「今日は1-1で終わる可能性も7-3で終わる可能性もあった。そんな試合だった」と指揮官は説明した。試合後の両監督のコメントを紹介する。

 

トーマス・トゥヘル監督:「実のところ、少し評価に迷っている。一方で、最終的に快勝できて非常に嬉しい。しかし他方で、生かせなかった数々のチャンスをよく反省する必要がある。この試合には十分注意を払って臨んだ。シーズン最初の対戦ではスコアが示すほど楽に勝てたわけではなかったし、HSVはその後たくさんの勝ち点を積み重ねてきたからだ。加えて、我々は戦力面でさまざまな問題を抱えている。この相手に対して数多くのチャンスをつくれたことについては、もちろん嬉しい。今夜は終始情熱的に戦った。我々は自らピンチを招く傾向にある。得点チャンスをことごとく逃し、相手を引き離せない試合が多すぎる。今日は1-1で終わる可能性も7-3で終わる可能性もあった。そんな試合だった。2点目を取ってようやく試合が変わった。結果にはもちろん満足しているよ」

 

ハンブルクのマルクス・ギスドル監督:「今夜は非常に面白い試合を見させてもらった。我々としては0-3で終わってしまったのが残念だ。このスコアは試合全体を正確に反映したものではないからだ。たしかにBVBはビッグチャンスを再三つくっていたが、それは我々も同じだ。1点でも取れていれば、彼らをもっと不安にさせられたはずだった。2点目を奪われるまでの後半のパフォーマンスには特に満足している。総合して、アウェーでいいサッカーができたと思う。もう少しで結果を出せたはずだった」

 

【関連記事】
「ハンブルクに反撃のチャンスを与えてしまった」
ハンブルク戦の成績はこれで完全に五分
3-0:ハンブルクに快勝、香川大活躍!

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

2点に絡んだゲッツェ、3戦連続得点のオーバ

2017.8.20

2点に絡んだゲッツェ、3戦連続得点のオーバ

VfLボルフスブルクとアウェーで戦ったブンデスリーガ第1節は、あらゆる点でボルシア・ドルトムントのほうが上回っていた。ゲームの3分の2を支配したほか、13本のシュートを記録( 続きを読む>>

ゲッツェ:「ほんの小さな最初の一歩」

2017.8.20

ゲッツェ:「ほんの小さな最初の一歩」

2017年1月29日以来、マリオ・ゲッツェが久々に公式戦でプレーした。VfLボルフスブルクとのブンデスリーガ今季初戦で、ゲッツェは実力を発揮。BVBの先制点をアシストしたほか 続きを読む>>

シャヒン:「ゲームプランを完璧に遂行」

2017.8.20

シャヒン:「ゲームプランを完璧に遂行」

VfLボルフスブルクとのブンデスリーガ開幕戦に 続きを読む>>