ニュース

2017.5.28

トゥヘル監督:「特別なシーズンを締めくくった」

トゥヘル監督:「特別なシーズンを締めくくった」

ボルシア・ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督はDFBポカールを掲げるチームに大喜び。試合後の会見で「私のキャリアで最高の日の1つ」になったと語った。

 

試合について:
立ち上がりは素晴らしかった。質の高いサッカーで非常に早い時間帯からチャンスをいくつもつくり、リードを奪うべくして奪った。だが、その後の時間帯では負けに向かっているような、ただ単に終了のホイッスルを待っているかのような印象を与えてしまった。フランクフルトは極めて勇敢に、大胆に、そして自信を持って戦い、我々を苦しめた。彼らは追いつくべくして追いつき、シュートがポストを直撃する場面もつくった。

 

我々はハーフタイムに救われた。再開後はまったく新しい試合になった。それはマルコとシュメルツァーがピッチから姿を消したためでもある。チームを鼓舞し、自信を高めようとした。今シーズンを通して、我々は重要な試合に何度も勝ってきたし、後半に何度も試合を決めてきた。そのままフェードアウトするつもりはなかった。控え室で失意に沈んでいたユーレ(バイグル)やマルコ、シュメルツァーのためにも戦っていたからね。後半はいいサッカーをし、再リードを奪うべくして奪った。追加点のチャンスもいくつかつくった。

 

 

今の気分について:
放心状態だね。ミュンヘンでの準決勝では、終了のホイッスルの瞬間から喜びが止まらなかった。今はバッテリーが切れた感じさ。我々を支えてくれた人々、ファンの皆さん、全スタッフ、そして何よりも選手たちが喜んでいるのがすごく嬉しい。信じられないほどの喜びがこみ上げてくるよ。

 

マルコ・ロイスの交代について:
彼はポストに激突して打撲を負った。その後ずっと治療を受けていたが、スプリントをかけられず、ひざに違和感を持っていた。そしてハーフタイムの時点で、続行不可能であることがはっきりしたんだ。

 

自身のキャリアについて:
今日は私の指導者としてのキャリアのなかで最高の日の1つ。だが、まずはじっくり消化する必要があり、実感が湧くまでには時間がかかるだろう。特別な成功というのは、監督とその選手たちの間に特別なつながりがあってこそ成し遂げられるものだと思う。我々は目標をすべて達成し、特別なシーズンを締めくくることができた。これは互いに信頼し合ってこそ成し得ることだ。

 

【関連記事】
「全員がこのタイトルにふさわしい」
2-1:デンベレとオーバメヤンのゴールでポカール制覇!
ビュルキ:「優勝で締めくくることができて嬉しい」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

2018.5.23

LAFCと1-1のドロー、引退のバイデンフェラーは「最高の舞台」

ボルシア・ドルトムントは終了間際にマキシミリアン・フィリップが同点ゴールを挙げ、ロサンゼルスFCとの親善試合を1-1で引き分けた。   続きを読む>>

シュメルツァーが主将の役割を返上

2018.5.23

シュメルツァーが主将の役割を返上

この2年間、ボルシア・ドルトムントでキャプテンを務めてきたマルセル・シュメルツァーが、そのポストを返上する決断を下した。「非常にエネルギーを消耗する、責任の重い大変な2 続きを読む>>

LAを満喫、いざ親善試合へ

2018.5.23

LAを満喫、いざ親善試合へ

クリスティアン・プリシッチにとって逃すことのできないチャンス。UCLAでの練習を終えたあと、ボルシア・ドルトムントの若きウインガーは、アメリカ・バスケットボール界のレジェンド 続きを読む>>