ニュース

2017.4.26

トゥヘル監督:「前回と違う戦いになるのは間違いない」

トゥヘル監督:「前回と違う戦いになるのは間違いない」

ミュンヘンで完敗した3日後で、爆発物襲撃事件が起きたちょうど2週間前、ボルシア・ドルトムントのDFBポカール決勝進出は、ほぼ不可能なように思われた。しかし、FCバイエルン・ミュンヘンとの準決勝(日本時間27日午前3時45分キックオフ)を翌日に控え、両チームを取り巻く状況はすっかり変わっている。

 

キッカー誌のサイトkicker.deで実施された結果予想では、BVBの勝利を予想する声のほうが大きくなっている。予想というより、「ミュンヘンでブラック・アンド・イエローが勝つところが見たい」というドイツのサッカーファンの期待と言ったほうがいいかもしれないが。

 

トーマス・トゥヘル監督は5月27日にベルリンで行われる決勝を見据えつつ、次のように語っている。「我々にとっての大きな夢だ。またあの舞台にたどり着きたい。そして今度は勝ちたい。ただ、そのためには目の前にある最大の障害を乗り越える必要がある」

 

準決勝の相手は最多優勝を誇るチーム。そして2週間前、BVBはミュンヘンで1-4と完敗している。トゥヘル監督も「あの時は勝てる見込みがまるでなかった」と認める。しかし、この4月8日の試合のことは「遠い昔のように感じる」と指揮官は付け加えた。あれからいろいろなことが起きた。それはバイエルンにも言えることで、直近6試合では1勝しかできておらず、直近4試合では勝てていない。これについてトゥヘル監督はこうコメントしている。「彼らは普段のような結果を出せていない。前回と違う戦いになるのは間違いない。我々のほうはリーグで対戦したときから主力が何人か戻って来た。試合を重ね、そこから教訓を得てきた」

 

少しの「運を味方につけて流れを引き寄せる」ことができれば、勝利は決して不可能ではないと監督は言う。何しろBVBは今シーズン、あのレアル・マドリーと互角にわたり合い、2試合を2-2のドローで終えているのだ。そのレベルのパフォーマンスで戦えれば、バイエルンとも互角に戦えるに違いない。

 

【関連記事】
DFBポカール準決勝の予想スタメン
ソクラティスの状態に不安、指揮官はロイスの重要性を強調
シャヒンのケガは外側側副靭帯の部分断裂

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

バツケCEO:「次のタイトルがまた5年後とはならないように」

2017.5.29

バツケCEO:「次のタイトルがまた5年後とはならないように」

「1年前、我々はここで失意を味わった」。ハンス・ヨアヒム・バツケCEOのスピーチは過去を振り返るところから始まった。2016年のポカール決勝では敗れたボルシア・ドルトムントだ 続きを読む>>

ドルトムント市内でポカール優勝パレード

2017.5.28

ドルトムント市内でポカール優勝パレード

ボルシア・ドルトムントの 続きを読む>>

1997年5月28日:BVBがチャンピオンズリーグ優勝

2017.5.28

1997年5月28日:BVBがチャンピオンズリーグ優勝

今日からちょうど20年前に当たる1997年5月28日、ボルシア・ドルトムントはUEFAチャンピオンズリーグ決勝で王者ユベントスを3-1で破る波乱を起こし、クラブ史上最大の成功 続きを読む>>