ニュース

2016.11.27

トゥヘル監督:「不満を感じている」

トゥヘル監督:「不満を感じている」

トーマス・トゥヘル監督は苛立ちを隠せず、厳しく簡潔な言葉でアイントラハト・フランクフルト戦を振り返った。「最初から最後まで、勝ち点を獲得するに値しないパフォーマンスだった」

 

フランクフルト戦の敗北について:
これだけ悪い所が目立つようでは、アウェーで勝ち点を奪うことなどできない。

 

悪かった所とは?:
技術、戦術、メンタル、意欲。すべてが不十分だった。今週のトレーニングからその気配はあったが、今日は最初から最後まで、勝ち点を獲得するに値しないパフォーマンスだった。我々はシーズンを通じて大きな波があり、大いに不満を感じている。

 

後半開始20秒の失点について:
悪い予感が的中した。ドレッシングルームを出ていく選手たちの様子を見て、失点を覚悟したほうがいいと思っていた。

 

文:ボリス・ルパート

 

【関連記事】
オーバのゴールも実らず、敵地で1-2の敗北

 

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

“ミニスランプ”の原因を分析

2017.10.22

“ミニスランプ”の原因を分析

ボルシア・ドルトムントはペーター・ボス監督の就任後初めて、3試合連続で勝ち星なしとなった。ここまで白星に見放されたのは2016年12月以来で、そのときは4試合連続で引き分けて 続きを読む>>

U-23チームは追いついて2-2のドロー

2017.10.22

U-23チームは追いついて2-2のドロー

ファーストチームが2点をリードしながらも2-2に追いつかれた一方、ボルシア・ドルトムントのU-23チームはレギオナルリーガ西部の試合でブッパーターラーSVに対して2点ビハイン 続きを読む>>

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

2017.10.22

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

コメルツバンク=アレーナでの白熱の後半、シュート数は両チーム合わせて25本(ボルシア・ドルトムントが13本、アイントラハト・フランクフルトが12本)に達し、前半または後半のシ 続きを読む>>