ニュース

2016.10.20

トゥヘル監督:「しっかり主導権を握っていた」

トゥヘル監督:「しっかり主導権を握っていた」

7分にも及んだロスタイムを経て、リスボンでの一戦は2-1の勝利というBVBにとって完璧な結果に終わった。トーマス・トゥヘル監督は、自軍は勝ち点3に十分見合うサッカーをしたと考えている。「どんな状況になろうとも勝利を手放すまいと、私の選手たちは必死だった」

 

トーマス・トゥヘル監督:「70分以降のうちの4バックは画期的だった。驚くほど若く、未熟なメンバーだった。それでも、我々は前半を自信たっぷりで戦い、主導権をしっかり握り、非常に強く、効果的だった。後半は15分ほど苦しい時間があり、意図することがまったくできなかった。そして、それに続く時間帯は少し楽になったが、2つの基本的なミスが出てゴールを許してしまった。それでスタンドの観客が息を吹き返した。しかし、どんな状況になろうとも勝利を手放すまいと、私の選手たちは必死だった。後半を通して、我々は運に少し助けられた。それでも我々がここで収めた勝利は不当なものではなかった」

 

スポルティングのジョルジ・ジェズス監督:「後半は何点か変更し、状況が改善した。守備面が良くなると同時にいいチャンスを多数つくり、シンプルにいいプレーができるようになった。相手は本当に強いチームで、スコアが2-1になってからすべきことをよくわかっていた。ラウンド16進出は容易ではなくなったが、まだチャンスはある。まだ最大で勝ち点9を獲得できる。組み合わせ抽選の時点で、決して楽なグループではないとわかっていた。ドルトムントとワルシャワで臨む今後のアウェーゲーム2試合で勝ち点を手にしなければならない。

 

【関連記事】
2-1:オーバとバイグルが決めてスポルティングに勝利
ローデ:「どうにか逃げ切ることしか考えていなかった」
「今夜は全員が全力を出し切った」

border
ニュース一覧に戻る

最新ニュース

U-23チームは追いついて2-2のドロー

2017.10.22

U-23チームは追いついて2-2のドロー

ファーストチームが2点をリードしながらも2-2に追いつかれた一方、ボルシア・ドルトムントのU-23チームはレギオナルリーガ西部の試合でブッパーターラーSVに対して2点ビハイン 続きを読む>>

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

2017.10.22

シュート35本を撃ち合うも勝者なし

コメルツバンク=アレーナでの白熱の後半、シュート数は両チーム合わせて25本(ボルシア・ドルトムントが13本、アイントラハト・フランクフルトが12本)に達し、前半または後半のシ 続きを読む>>

スボティッチ:「結果には満足していない…」

2017.10.22

スボティッチ:「結果には満足していない…」

アイントラハト・フランクフルトと 続きを読む>>